ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUS PadFoneのベンチマーク結果。PadFoneはCPUの最大クロックを低くできる省電力機能を搭載

ASUSのタブレットにもなるAndroidスマートフォン「PadFone」のベンチマーク結果がePriceで公開されていました。使用されたベンチマークアプリは端末の主要な部分を測定するAntutuとQuadrantの2種類。ePriceによると、PadFoneには”システム性能設定”というCPUの最大クロックを3段階で調節できる一種の省電力機能があるとのことで、各モードでの結果が公開されています。PadFoneのSoCはSnapdragon S4 MSM8260A(デュアルコア)で、ASUSのスペックシートによると動作クロックは最大1.5GHzとなっているのでデフォルトは最大1.5GHzと思われます。”システム性能設定”で選べる3つのモードは、最大1512MHzで動作するパフォーマンスモード、最大1242MHzで動作するバランスモード、最大918MHzで動作するパワーセーブモード。次はAntutuのベンチマーク結果。パフォーマンスモードのスコアは6659。バランスモードでは6361、パワーセーブモードでは5581。

次はQuadrant Standardのテスト結果。パフォーマンスモードのスコアは4939。バランスモードでは4731、パワーセーブモードでは3888。

パフォーマンスモードとバランスモードに差は殆どなく、パワーセーブモードでもそこそこ高いようです。CPU の消費電力は周波数に比例し、コア電圧の2乗に比例することから、おそらくコア電圧が低くなったところがモードの境目になっているでしょうから、パワーセーブモードではそれなりに消費電力は抑えられると思います。Source : ePrice 



(juggly.cn)記事関連リンク
AppChart : 世界中のGoogle Playのアプリランキングと順位推移が見られるAndroidアプリ
Samsung、フレキシブルなAMOLEDパネルの名前を "YOUM"に
ローソン、全国のローソン店舗内でスマートフォン向け公衆無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」を開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。