体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

酔っ払ったらそのまま泊まれる居酒屋さんを見つけてしまった!愛知県大府市「Imura(イムラ)」

f:id:Meshi2_IB:20170707110303j:plain

唐突な話で申し訳ないが、年のせいか、すっかり酒が弱くなった。20代や30代の頃は、朝までガンガンに飲んでも翌日はシャキッと目覚めてバリバリ仕事をしていたが、アラフィフとなった今では、焼酎を2、3杯飲んだだけで酔ってしまう。

で、そのたびに思う。

家に帰るのが面倒くさい、と。

タクシーでサーッと帰るにしても、サウナやカプセルホテルにしても結構なお金がかかる。お店で酔っ払ったまま、その場で寝たいのだ。

一見「うまい居酒屋さん」だが

ある日、後輩から飲みに誘われて、JR東海道本線共和駅近くにある「Imura(イムラ)」という居酒屋さんへ行った。

f:id:Meshi2_IB:20170707110324j:plain

名古屋駅から快速に乗れば2駅、16分ほどで着くが、普段は名古屋駅や栄界隈で飲んでいるので、交通の便は良いとは言えない。しかし、後輩があまりにもすすめるので、正直、仕方がないと思ってお店へと向かったのだった。

f:id:Meshi2_IB:20170707110335j:plain

「Imura」は、井村稔さんと娘の真菜さんが切り盛りしている。

もともとは井村さんの母親が昭和53年に開店させた「炉端焼 いむら」がルーツだという。その後、平成9年に「ダイニング Imura」に業態をリニューアルし、昨年8月に再リニューアルしたという。

カウンター席に案内され、井村さんオススメのメニューをお任せで出してもらうことに。

f:id:Meshi2_IB:20170707110307j:plain

生ビールで乾杯した後、出てきたのが「Imuraざる豆腐」(650円)。

伊豆大島産のにがり100%使用した濃厚な味わい。クリーミーな食感もgood!

こりゃうまい!

f:id:Meshi2_IB:20170707110316j:plain

続いて、「カリモリの明太サラダ」(670円)。

奈良漬けに使う瓜の品種、カリモリを辛子明太子で和えたサラダ。辛子のピリッとした刺激がビールに合いまくり。

くぅ~っ、たまらん! ビールをほとんどイッキに飲み干して焼酎のロックへチェンジ!

f:id:Meshi2_IB:20170707110311j:plain

井村さんが市場で見つけて即買いした真鯛を使った、本日おすすめの魚料理「真鯛の煮付け」(950円)。

これ! これ! この甘辛い味付けが名古屋らしいんだよなぁ。

あっという間に焼酎グラスは空になり、おかわりをいただくことに。

f:id:Meshi2_IB:20170707110320j:plain

そして肉料理は「オージー牛のたたき」(1,080円)。

オージー牛とは思えないほどやわらかく、しっとりとした食感も絶妙だ。醤油ベースのタレの味も酒がすすむ。

ってことで、またまた焼酎をおかわり。

ホテル並の宿泊スペースが

う~ん、かなり酔ってきた。時計を見ると、まだ終電まで時間があるが、家に帰るのが面倒くさい。

帰りたくないなぁ。

このまま眠りたいなぁ。

そんなワガママを言っていつも後輩を困らせているのだが、この日の後輩はやけに素直だった。

「じゃ、このまま泊まっていきますかぁ!」と、後輩。井村さん父娘も微笑んでいる。

「とりあえず、2階へ行きましょう」と、井村さん。

ワケもわからず、ついて行くと……。

f:id:Meshi2_IB:20170707110259j:plain

なんと、2階には宿泊スペースが!

こちらはクイーンサイズベッドが完備の「SUMOU ROOM」と名付けられたダブルルーム。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。