ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どこまでがパクリなのか グリーvsモバゲー訴訟を検証

釣り★スタと釣りゲータウン2の「魚の引き寄せ画面」

 携帯電話向けソーシャルゲームの2強が繰り広げる法廷闘争が新たなステージへと突入した。DeNAがモバゲータウン(現Mobage)で配信していた「釣りゲータウン2」が、グリーの「釣り★スタ」に似ていると、グリーがDeNAに対し、配信差し止めや約9億4,000万円の損害賠償を求めた訴訟で、2012年2月23日、東京地裁はDeNAによる著作権侵害を認め、配信差し止めと2億3,460万円の損害賠償支払いを命じたのだ。DeNAは「主張が認められなかった」として即日控訴、対するグリーも3月8日、判決の敗訴部分を不服として東京高裁に控訴している。

・[ニコニコ生放送]グリーvsモバゲー訴訟の検証番組を冒頭から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv86304438?po=newsgetnews&ref=news#02:50
 
 この判決を受けて、ニコニコ生放送では2012年3月28日、検証番組「これは本当に”パクリ”なのか?~徹底検証 グリーvsモバゲー『釣りゲーム』訴訟~」を放送した。

 番組には著作権問題に詳しい弁護士の福井健策氏と、裁判を取材した「ITmedia ねとらぼ」編集記者の池谷勇人氏が出演、ITジャーナリストの井上トシユキ氏の司会で議論を進めた。池谷氏はこの判決について

「今までは似たゲームでもわりと野放しになっていた、セーフだと思われていたが、今回初めて『著作権侵害』というのが認められたケースとしてはすごく大きい」

と述べた。

 しかし、グリーが請求した損害賠償額は約9億4000万円だったのに対し、認められた損害賠償額は約1/4。また主文でも触れられている通り、「損害賠償のみ仮執行宣言」で「釣りゲータウン2」の配信は止められない。「ある種の痛み分け的な性格があった」(福井氏)判決で、それだけ判断の難しい裁判なのだ。

 重大な争点となったのは「魚の引き寄せ画面」。番組ではこの画面についてグリーとモバゲーのそれぞれでどうなっているかを徹底的に比較、福井氏が、グリーの主張する共通点とDeNAの反論を丁寧に解説した。「共通点はアイディアに過ぎず、しかも、極めてありふれている」というのがDeNAの反論の骨子だ。

 裁判所は「同じ共通点を全て備える携帯用釣りゲームは存在せず、ありふれた特徴とは言えない」と判断。福井氏によると、グリーは同じ共通点を全て備える携帯用釣りゲームが以前に存在しないことを立証したという。

 また著作権法で守られない情報として「技法」や「アイディア」があるが、「共通点はアイディア」とのDeNAの反論に対して、東京地裁は「表現に多数の選択の幅があり、単なるアイディアにとどまらない」と判断している。

■著作権が及ぶのは<創作的>な<表現>についてだけ

 定石やありふれた表現、あるいは事実・データにまで著作権を適用していけば「文化は窒息する」と福井氏は著作権適用の判断の難しさを説明。今回と同じく、判断の難しかった判例として、よく似た写真の著作権侵害が訴えられた「スイカ写真事件」を紹介、

「著作権が及ぶのは<創作的>な<表現>についてだけ。で、ありふれた要素やアイディアには著作権が及ばないんです。ということは、ありふれた要素が似ていてもかまわないんです。アイディアレベルで似ていてもかまわないんです。そういうところを全部取っ外していって、それでも残る、本当の表現上の工夫が似ていれば”アウト”です」

と解説した。池谷氏は

「例えばスペースインベーダーが大ヒットしたときにやっぱり同じようなゲームがいくつも出てきた。それから、格闘ゲームが流行ったら格闘ゲームがたくさん出てきた。音ゲーが流行ったら音ゲーがたくさん出てきた。いっぱいそういう例があって、その中で後続が例えば新しい要素を追加したりして、進化させて、それとまた本家が競いあってっていうような形で発展を遂げてきた部分もあるので、なかなか一概に完全にダメとは言えませんね」

と、これまでのゲーム業界では「同じようなゲーム」が良い影響を与え合い、発展してきた歴史を振り返り、井上氏の「萎縮とかやっぱり出てくると思います?」との質問には

「出てくるとは思いますね。ただまだ地裁判決なんで、今後変わるかもしれないという風に見ているところも当然あるとは思うんですけども、やっぱり「これがダメだったら、ウチが今作ってるものもアウトじゃないか」という風に考えるところが出てきても当然おかしくはないですよね」

と若干の懸念を表した。
 
 ステージを高裁に移して争われる、携帯ソーシャルゲームの巨人同士の対決。著作権問題の今後を見極めるためにも、注目だ。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]どの程度似ているのか?映像で比較 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv86304438?po=newsgetnews&ref=news#25:15
・[ニコニコ生放送]両者の主張と裁判所の判断 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv86304438?po=newsgetnews&ref=news#29:55
・[ニコニコ生放送]参考となる国内の判例「スイカ写真事件」 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv86304438?po=newsgetnews&ref=news#52:45

(折笠光裕)

【関連記事】
グリー田中社長「あるゲームが流行ったら、同じようなものを作りまくるべき」
グリー田中社長、DeNA訴訟に言及 「ネット業界には罪を犯してでも勝てばいいという人が横行」
モバゲー「怪盗ロワイヤル」、飽きさせないための工夫は”1日3回ゲーム調整”
元カプコン取締役・稲船氏「ソーシャルゲームを認めないと生き残れない」
モバゲーを展開するディー・エヌ・エーの南場社長 退任へ

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。