体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Fiction Issue : Interview with Satomi Yamauchi

Fiction NeoL Photography : Satomi Yamauchi | styling Yumi Nagao | Hair : Takao | Make-up : Yousuke Toyoda | Edit : Ryoko Kuwahara Fiction2 NeoL Photography : Satomi Yamauchi | styling Yumi Nagao | Hair : Takao | Make-up : Yousuke Toyoda | Edit : Ryoko Kuwahara

写真家・山内聡美による写真展「Post Palmtree」が開催されたのは2017年4月。幼少期を過ごしたフロリダの街を撮影した「This must be the place」(2015)、同じくフロリダ州にあるウォルトディズニーによって作られた”理想”の住宅街を撮影した「Celabration」(2015)に続く最新作はヤシの木に見る、人々のトロピカルへの憧れを捉えた作品だ。”作られた街”という過去作から続くテーマに、その象徴であるヤシの現状を切りとるというレイヤーを加えた示唆に富んだものだった。彼女が見ている世界とはどういうものなのかーー撮りおろしの写真とともにインタビューをお届けする。

———トロピカル/パラダイスの象徴としてのヤシの木の写真を展示した先日のエキシビション「Post Palmtree」は、実にユニークな視点で素晴らしかった。幼少期をフロリダで過ごしたことが着想のヒントになっているんでしょうか。

山内「そうですね。8歳まで過ごしたフロリダには当然ヤシの木があり、日本でも祖母が住んでいた伊東にヤシの木があったので、子どもの頃はヤシの木はどこにでもあるものだと思っていたんです。実家がいわゆる川崎のニュータウンにあるんですが、そこにも唐突にヤシの木が植えられていて。段々成長するにつれ、『あれ、何でこんなところにヤシの木あるんだろう?』とふと疑問に思うようになって。色々調べてみて”南洋幻想”と言う言葉に辿り着きました。海も無い寒い地方の人々が南国という自分たちから一番遠い土地、環境、境遇へ強い憧れを抱いていたことが、元々の語源のようです。そこから南国=楽園という幻想を見て、その楽園を手に入れるべく自分たちで創り出す行為に出たのだと思います。これはとても興味深いものを見つけてしまったなと(笑)。
私が思うに、この”南洋幻想”を象徴するのがヤシの木で、ヤシの木1本だけでもそこに植えたらその場がトロピカルでポップになるとみんなが何となく思っている。それくらい強いモチーフとして成り立っているのはすごいことですよね。遠い暖かい場所から知らない土地に派遣され、ただそこに佇む。トロピカルの象徴を一身に背負ったヤシはどこか哀愁と共にイナたいイメージがつきまとっているというか(笑)。
そしてそのイナたさが自分とリンクしているなと思ったんです。
『アメリカに住んでいました』と言うものの、やはり花形はNY、LA。フロリダでなんかすみません、みたいな意識があって(笑)日本で帰ってきたところも郊外のニュータウンだし、常に自分の背景にはなにかイナたさがある。どちらも都市開発で作られた街で、何故かそういうものが付きまとう人生なんだなと。そしてそこで培われたアイデンティティである“ダサかっこいい”が自分の中のセンスとしてある。その象徴としてのヤシの木というか」

Fiction3 NeoL Photography : Satomi Yamauchi | styling Yumi Nagao | Hair : Takao | Make-up : Yousuke Toyoda | Edit : Ryoko Kuwahara Fiction4 NeoL Photography : Satomi Yamauchi | styling Yumi Nagao | Hair : Takao | Make-up : Yousuke Toyoda | Edit : Ryoko Kuwahara Fiction5 NeoL Photography : Satomi Yamauchi | styling Yumi Nagao | Hair : Takao | Make-up : Yousuke Toyoda | Edit : Ryoko Kuwahara

——コンプレックスの象徴でもあったわけですね。そこに向き合おうと思ったきっかけはなんだったんですか。

山内「祖父母が趣味でやっていた影響で小学生時代に写真を撮り始めて。そこから中高と写真部で、その流れで写真家になったものの、自分自身ではなにを撮りたいかがずっとわからなかったんです。なにかあって写真に目覚めるような方は、きっと自分の意識が強くて撮りたいものもはっきりしていますが、自分にはそれがない。写真に差がつくのは結局そこなんですよね。その人が何を撮りたいかに尽きる。技術も大事だけど、その人が撮りたいものやヴィジョンが鍵。それを見つけるために、自分の過去に目を向けようと思ったんです。家族を撮る、故郷を撮る、恋人を撮るというような自分を晒す行為は正直小っ恥ずかしかったのですが、思い切って行ってみたら、やはり自分のことがよくわかっていろんなことが腑に落ちました。

フロリダの私が住んでいた街はどこか寂しいんですよ。いつも青空で晴れてるし、建物はパステルカラーだし、至る所にドルフィンモチーフが溢れていて、美しいビーチがある。でもなんか賑わってない。表向きは明るいのにあまり上手く行っていない、そんな哀愁があるところが、やっぱりものすごく撮りたい衝動にかられるんです。それでやっと見えてきたし、自分自身を認められるようになったんです。

もっと若い時は、どうせアメリカに住んでいたのなら、LAでスケーターでも撮ってたかったわ。そのほうがかっこいいし、みたいな思いがずっとあったんですけど(笑)、結局グッとくるのはフロリダのようなどこか哀愁ある、アイロニックな世界観なんだなって」
 

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。