ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐藤大樹・増田俊樹W主演『錆色のアーマ』 「前日の最終稽古まで、台本が続々とカットされていった」【動画あり】

ネルケプランニングが仕掛ける新プロジェクト、舞台発、逆2.5次元とも言える『錆色のアーマ』が、現在AiiA 2.5 Theater Tokyoにて6月18日まで上演中。6月22日~25日には大阪公演を予定。

本作は、EXILEの最年少パフォーマーとして活躍する佐藤大樹さん、声優として実力と高い人気を得ている増田俊樹さんの異色のW主演。殺陣に歌にダンスありのミュージカル作品になっており、佐藤さんは鉄砲傭兵集団・雑賀衆の雑賀孫一を、増田さんは織田信長を演じます。

初日ゲネプロ前にお二人の会見が行われ、稽古中のエピソードなどが語られました。一部動画もあるので、そちらも見てください!

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/68609[リンク]

久々に舞台に出演する増田さんと、初めて歌を歌う佐藤さん

――開幕を迎えての意気込みをお願いします。

佐藤:僕は早くこの日を迎えたい気持ちが強くて。ここまで本当に最高のスタッフさんとキャストの皆さんと力を合わせてゼロから創り上げてきた舞台なので、早くお客様に見て欲しいという気持ちでいっぱいです。

増田:倒れる仲間たちとともに一ヶ月間稽古に励んできて、すごく素晴らしい舞台が出来ているという自負はもちろんあります。ただ、自分一個人としては、久しぶり立つ舞台ということで、一体舞台の上で何が起こるんだろう、と。

舞台の上には魔物が住んでいるとよく言われますが、本番を迎えるにあたって、良いことがたくさん起こることを望みながらも、やっぱり危ないことも多々ありますので、怪我のないように頑張らなきゃいけないという部分で怖さとともに座長(佐藤)がしっかり前を向いて行って、その背中を追うように歯向かいながら、僕も共に前を歩きたいと思います。

――この舞台が原作になることについて。

佐藤:逆2.5次元でこの舞台が原作になるということで、僕達がそのままアニメになったり、さまざまなメディアミックス展開を予定しているので、稽古の段階からセリフの言い回しの特徴など気をつけていました。雑賀衆で言えば、それぞれアーマがあるので、その武器の名前や必殺技を考えているキャストもいましたし、ポージング一つ一つ、自分たちが原作なんだってことを意識しながら取り組んでいたので、今後の展開もすごく楽しみです。

増田:織田陣営としては、実際の歴史の史実にある名前の人間たちなので、そこをなぞりながらも、『錆色のアーマ』オリジナルというものを探りながら作ってきました。でも、雑賀の面々が史実の中で描かれていることが少ないがゆえに、オリジナルの要素がすごく強いので、タイトルになっているように、アーマの使い方ひとつとってもそれぞれの違いがあるので、面白く感じると思います。

――ご自身が演じるキャラクターの紹介をお願いします。

佐藤:雑賀孫一といって、史実上にもいるんですけど、女性であったり、少し歳のいった男性であるとか、物語によって描かれているものが違うので、割りと決まったものがなくて。逆に今回、これが原作となるので、それを自分に置き換えて演じていいよ、と(演出の)元吉さんは言ってくださったので、もし、自分が歴史上にいたらこういう孫一になっているだろうと意識してやりました。あと自分が暗くなってしまうと舞台全体が暗くなってしまうと思うので、笑顔と喜怒哀楽をとても意識して演じています。

増田:織田信長は史実上、最も皆さんが紐解いて探られた人物かと思います。その中で描かれきれなかったであろう、「信長自身がどういう思いを持って生きていたのだろう」ということを、『錆色のアーマ』オリジナルで考えるとどこまでいけるのか着目して僕は作りました。史実上あるように光秀との関係だったり、一向宗との関係だったり、そういった部分をなぞるように通りながらも『錆色のアーマ』ゆえの信長の弱さという部分を意識して作っています。

――歌とダンスについて。

佐藤:自分は今回の舞台で初めて歌に挑戦させていただきました。今まで本当にやったことがなかったのですごく不安だったんですけど、いざ稽古に入ると、歌の先生はじめ、キャストの皆さんが頼もしく力を貸してくださいまして、みんなでたくさん練習したので、もう不安要素はひとつ消えました。

でも、雑賀の敵役の織田さん(増田)はじめ、顕如(輝馬)、数珠坊(市瀬秀和)が……。そしてまた、織田信長と顕如の2人の歌が個人的に好きで。声も良いし歌も上手いし、存在感も華もあって。これは負けていられないな、という思いもあったので、自分は雑賀衆で踊る場面もあるので、そこでチーム力や、普段ダンスをやらせてもらっているのでそこでも負けないように頑張りたいなと思っています。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。