ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタンドアップパドル・サーフィンボード「Tripstix」は持ち運びも簡単そう

Tripstix-1

夏のマリンスポーツにスタンドアップパドル・サーフィン(SUP)がある。ボードの上に立ってパドルを漕いでゆるやかな川を下ったり、時には波にのったりと、多様な楽しみ方があるスポーツだ。

このスポーツのボードには、空気を入れて膨らませるエアーボードも使われているが、どれも耐久性や安定性が不十分でどうしても物足りない点が目立っていた。そこでそんな難点を克服する快適なエアーボードが登場した。それが「Tripstix」だ。

・ボード内が2層になっており丈夫で安定

Tripstixの魅力はその独自の形状にある。このボードの内側は、通常の空気がはいった筒状の部分と粒子状のものが詰まった真空の部分の2層で作られている。

Tripstix-2

筒状の空気がはいった部分がボードの輪郭を作る役割を果たし、真空の部分がボードの耐久性と安定性を高める役割を果たしている。このボードデザイン技術は現在特許も申請中とのことだ。

この特殊な技術のおかげでエアーボードにもかかわらず、通常のボード並みのクオリティを出せるというわけだ。

・背負って持ち運びも簡単!

さらにこれだけ複雑な構造になっているボードにもかかわらず、専用ポンプを使って空気を入れるまでにかかる時間は最速でたったの3分(通常のものの約2倍の速さ)だ。ビーチに到着後すぐに遊べる準備が整うのは嬉しいところ。

Tripstix-3

また持ち運び用のバックパックも現在準備中のようで、このバックパックがあれば収納してどこにでも持ち運ぶことができるだろう。このTripstixは現在Kickstarterにて出資を募っており、ボードとポンプ、バックパック、フィン付きで1組1099ユーロ(約13万5600円)と決して安い買い物ではない。

また残念ながらTripstixはまだ日本への発送には対応していない。今後日本への発送にも対応してくれることをぜひ首を長くして待っていようではないか。

執筆:Doga

Tripstix/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy