ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.18 Lemon Twigs × オカモトショウ

photo : Riku Ikeya | edit : Ryoko Kuwahara

photo : Riku Ikeya | edit : Ryoko Kuwahara

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第18弾。今回は、バロック・ポップの金字塔を打ち立てた19歳のブライアンと17歳のマイケル・ダダリオ兄弟によるユニットLemon Twigsが登場。世界が注目する若き天才ミュージシャンとオカモトショウによる音楽談義は、作曲家同士ならではの相互理解、さらに次作の制作秘話にまで発展!

ショウ「日本は初めて?」

ブライアン&マイケル「そうだよ」

ショウ「楽しんでる?」

マイケル「もちろん!ブライアンも日本を気に入ってるよ。彼の方が、僕より街を見れているしね」

ブライアン「渋谷周辺を一日かけて歩いたんだ。ナイスだったよ。ギター屋を5軒まわって、服屋に行って、あとは何カ所かでご飯を食べた(笑)。良い日だったな」

マイケル「僕はディズニーランドに行ったんだ」

ショウ「そうなの?(笑)」

マイケル「うん。でも、あまり楽しめなかった。ディズニーランドは大好きなんだけど、東京のディズニーは仕掛けが見えてしまって魔法があまり感じられなかった……(笑)」

ショウ「LAのディズニーには行ったことある?」

マイケル「LAも行ったし、フロリダにも行ったよ」

ショウ「それだと東京のは比べ物にならないよね(笑)。ところで、ふたりはNY出身と聞いたけど」

ブライアン「そう。ロングアイランド出身なんだ」

ショウ「僕もNY生まれなんだ」

ブライアン「そうなの?」

ショウ「父親がアメリカ人で母親が日本人。5歳までNYに住んでいて、そのあと日本に引っ越してきた。だからほぼ日本人なんだけど」

マイケル「お母さんが日本人なんだね? クールだな。じゃあよくNYには行くの?」

ショウ「2回ほどライヴをしに行ったくらい。でも今度NYにレコーディングに行くよ」

マイケル「ナイス」

ショウ「僕らが行くときはNYにいるの?」

ブライアン「僕らはアメリカとヨーロッパをツアーすることになってるんだ。そのあとはフェスティバルタイム! 沢山のフェスで演奏するんだろうな」

* この対談後、NYでショウとLemon Twigsは偶然再会を果たした。

photo : Riku Ikeya | edit : Ryoko Kuwahara

photo : Riku Ikeya | edit : Ryoko Kuwahara

ショウ「それは二人にとって初めての大きなツアー?」

マイケル「前にヨーロッパで3週間ショーをやったことがあって、それが最初の単独公演だった。そのあとアメリカでも一ヶ月単独公演ツアーをやって、今回が3回目。そこからまたヨーロッパに戻る予定」

ショウ「素晴らしい。ショーをやるのはすごく良いことだと思うよ。二人はまだ若いのに、沢山のショーを既に経験している。君たちの音楽は良い意味で複雑な部分もあるから、それをステージでどう表現するのか気になっていたんだ。実際にショーを観て、良い意味で驚かされたよ。すごくストレートでハートに刺さった。リズムやコードチェンジはあるのに、全然複雑に感じない。むしろ、聴いていてすごく心地よかった」

マイケル「ありがとう!」

ブライアン「その辺のバランスは意識しているんだ」

マイケル「うん、あまりライヴではやりすぎないようにしてる。複雑な部分はライヴじゃなくてもレコードで楽しめるしさ。そこを期待して来る人たちもいるから、少しはやるけど、あまり全てを演奏しすぎるとライヴを楽しめないよね。やっぱりライヴではグルーヴの方が大事じゃない?」

ショウ「そう思う。曲はどうやって書いているの?」

ブライアン「このアルバムに関しては、僕はほぼ全てをピアノで書いた。曲を書くにつれてテンポも考えていったんだ。ブライアン・ウィルソンの『スマイル』みたいにね。彼はいくつかのパートに分けて曲を書いて、それをくっつけて曲を作っていたから、あの作品ではテンポが沢山変化している。あの作品を聴いていたから、僕も自然とそうやって曲を書いていたんだ」

ショウ「色々なパートが、違うリズムで頭に浮かんできたということ?」

マイケル「そう。初期のザッパみたいにさ。このアルバムは特にだけど、プログレッシヴ・ロックみたいにこれでもかってくらい変化があるわけではないけど、少しそういった要素がある」

ショウ「確かに。普段はブライアンが曲を書くの?」

マイケル「いや、このレコードでは僕たちふたりともがそれぞれに曲を書いてるよ」

ショウ「半分半分?」

マイケル「そう。これではね。ブライアンの曲がきたら次は僕の曲で、そしたらまたそのあとにブライアンの曲が来る。そういういう曲順なんだけど、次のレコードではもうやらないと思う。かなり大変だからさ」

ショウ「どうして大変だったの?」

マイケル「曲順を決める作業が大変で、頭が変になりそうになるんだ!」

ブライアン「ホントそう。その壁には何度もぶち当たった。『この曲は次の曲の前にくるにはスローすぎない?』とかね(笑)」

ショウ「ははは(笑)」

ブライアン「僕の曲とマイケルの曲が交互にならなければいけないと決めていたんだ。時々そのアイデアに固執するのをやめたほうが良い流れが出来るんじゃないかと考えたりもしたんだけど、やっぱりそれはヤダ!って(笑)」

マイケル「でも、もうやらないと思う。もしブライアンの声が僕の曲に合うなら僕は彼に歌わせたいしね。ビーチボーイズみたいにさ。ブライアンも自分のパートは自分のもの、みたいな独占欲があるわけじゃない。彼も、自分の兄弟に歌わせているからね」

ショウ「なるほど。つまりふたりが自分のトラックでのみ歌うというのは今回のレコードだけなんだね?」

マイケル「このレコードと、次にリリースされるEPかな」

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。