Instagram、ストーリーに今居る場所に特化した「ジオステッカー」の導入を開始

access_time create folderデジタル・IT
Instagram は 3 月 7 日、ストーリーに今居る場所を示すのに役立つご当地ステッカー「ジオスティッカー」を導入したことを発表しました。ジオステッカーは、スマートフォンの位置情報から今居る場所を認識し、その場所に特化したステッカーを合成できる機能です。まずは、米国・ニューヨークとインドネシア・ジャカルタで提供されています。Instagram アプリで写真や動画を選択し、ステッカーアイコンをタップすると、画面の上部にジオステッカーが表示されます。ステッカーには、地名や気温、「I♡NY」といったご当地ロゴなど、様々なデザインが用意されています。ジオステッカー機能は、Android アプリの v10.11 以上が対応しており、現時点ではニューヨークまたはジャカルタのどこにいても利用できます。Source : Instagram

■関連記事
NVIDIA、SHIELD TabletにSoftware Upgrade 5.1の配信を開始
Android版「Snapseed」に編集内容をフィルターとして保存したり、QRコードで他のユーザーにシェアできる機能が追加
Nintendo SwitchのJoy-ConはAndroidスマートフォンとペアリングできるらしい

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧