体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【パリ】世界最大級の農業見本市にフレンズ集結! 試食試飲で満腹確実な美食ワールドをレポート

agri8

2月28日より3月5日の間、フランス・パリで『Salon international de l’agriculture』(パリ農業国際見本市)が開催されました。世界最大級の農業見本市と知られ第54回目となる今回、実際に筆者が参加してみたのでその様子をレポートいたします。美食大国であると同時に農業大国でもあるフランス各地の名産品を一度に体験できるという、食通には堪らないイベントだったので、グルメの方必見です!

フランス人の食に対する執念を感じさせる見本市

ヨーロッパ最大の耕地面積を誇るフランス。その首都パリで行われる世界最大級の農業見本市が『パリ国際農業見本市』です。約1週間に渡って約4000頭の牛、馬、羊、ヤギ、豚などが集結し、品評会が開かれたり関連産業の最新商品の展示が行われるなどします。会場内に農業の現場をそのまま都会に持ち込んだかのような再現度の高さが特徴で、パリに居ながらも田舎の農業を体験出来ると合って親子連れにも大人気の本イベント。

さらにフランス全土の食品生産者が一堂に会し、ワイン・チーズ・ハムといった郷土の特産品のコンクールも多数開催。参加者は数千人にも及び、その多くが実際にブースで試食したり購入したりすることが可能です。

会場は巨大で、畜産・加工食品・農作物・そして農業サービスという4テーマの下に、7つのパビリオンで盛大に行われます。またこの見本市ではフランス政界の重要人物が必ず訪れることでも有名で、一種の政治パフォーマンスが繰り広げられる舞台にもなり連日フランスメディアで取り上げられるほどの注目度。今回は数か月後に大統領を控えているため、候補者がこぞって訪れていました。

公式サイト:
https://en.salon-agriculture.com/[リンク]

親子で収穫体験! 農業パビリオン

agri23

食料自給率が高いフランスでは、農作物に対する真剣度が日本と比べ半端で無いことを良く感じます。特に有機野菜、いわゆる「bio」野菜はとても人気で、パリ中のいたるところにビオ野菜専門のスーパーがあったりします。そんなこんなで、農作物パビリオンではなんと会場内に土を敷き、本物の野菜を植え込みフランスの畑を完全再現していました。およそスーパーで目にするであろうほぼ全ての野菜が紹介されており、季節外れのヒマワリも何故か満開という徹底ぶり。信じられないほど瑞々しい野菜は思わず食べたくなってしまうほどでした。

agri24

さらに、その場で焼きあがったばかりの有機パンを購入できるブーランジェリー(パン屋さん)も出店。小麦の畑の前で、焼き上がったパンを食べるという非常にありがたみが伝わってくる展示でした。

他にもビオビールの醸造過程が再現されビールを試飲したり、果物の展示エリアでは有機栽培のリンゴが配布されていたりと、舌でも農業を体験できる仕組みになっています。

agri28

そしてその麦畑にはなんと超巨大なコンバインが展示され、小麦収穫のまさにその瞬間を体験できるという大掛かりなセットは子供達に大人気。農業がパリにいながら身近に感じる事ができる、フランス農業に対する情熱を感じた瞬間でした。

最大の目玉は畜産パビリオン

agri32

この見本市の目玉と言っても過言ではないのが、この畜産パビリオンです。この会場に入るなり漂ってくるのは、どこか懐かしい感じがするあのにおい!そう、動物園のおが屑のにおいです!

agri33

ご覧の通り、非常に広い建物内は動物の種類ごとに区画別けされており、それぞれの場所に大量の動物が展示されていました。柵ごとにその動物の生産者情報が記載されており、産地による違いが一目瞭然です。

agri36

さらに、このパビリオンには品評会用の砂地が何箇所も設置されており、それぞれの動物が観衆の前でその優劣を競っていました。それにしても、羊たちは皆とても大人しかったのには驚きです。

1 2 3次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy