ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、他社スマートフォンの定額通信の定額料・上限額の適用機種に「STAR7 SoftBank 009Z」を追加

NTTドコモは本日より「STAR7 SoftBank 009Z」を他社スマートフォンの定額通信の定額料・上限額の適用機種に追加しました。これにより各種料金プラン、割引サービスなどについては、ドコモブランド端末をご利用されるときと同様の料金体系で使うことができますが、FOMAサービス利用でパケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイ フラットまたはパケ・ホーダイ ダブル2を契約している場合は、パソコンなどの外部機器を接続した通信とみなされ上限額8,190円となります。ただし、 NTTドコモがテザリング非対応であることなどを確認できた機種かつNTTドコモ指定のmopera APNを設定することでパケ・ホーダイ フラットをご契約の場合:定額料月額5,460円・パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイ ダブル2にご契約の場合:上限額月額5,985円で利用できます。その他、詳細はドコモショップなどでご確認下さい。Source: NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「Windows® Phone IS12T」のソフトウェアアップデートを開始、SMS (Cメール) の送信に対応
韓国COWON、Android 2.3搭載”スマートMP3”「COWON Z2 plenue」を発表
Google+のモバイル向けWEBアプリに2つの新機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。