ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

話題の占い師“しいたけ”さんに単独インタビュー! 謎につつまれたその正体が明らかに…~マガジンハウス担当者の今推し本『しいたけ占い』

9784838729036

―――こんにちは、マガジンハウスです。話題沸騰中『しいたけ占い』の著者、占い師のしいたけさん。もちろんご存じですよね? 顔出し取材はNGということですが、きょうは特別に単独インタビューをお受けいただきました!


唯一苦手な食べものが「しいたけ」だった

―――いまツイッターを「♯しいたけ占い」で検索しますと……。「当たるとこ多すぎてグサグサくる」、「占い嫌いだけど好きになりそう」、「テスト前にしいたけ占い見てうわ〜当たってる」。ちょうど受験シーズンの学生たちも励まされているようです。

しいたけ 「これほどゆるい名前のものが、ここまでたくさんの方に受け入れてもらえるとは思ってなかったです。本当にありがたいかぎりです」

―――ここで初めて<しいたけ占い>を知る方のためにも復習なんですが、そもそもなんで<しいたけ占い>なんでしたっけ。よくキノコの種類で何かを占うのかと勘違いされます。

しいたけ 「しいたけがやっている占いだから<しいたけ占い>なんです。僕、数年前まで唯一苦手な食べものがしいたけで。しいたけってけっこういろんな料理に紛れ込んでいるから、それをいちいち取り除いて食べるという、しいたけを虐げるような行為をずっとしてきたんです。それにある日気がついて、『よし、‟しいたけを食べられるようになろう”キャンペーンをやろう!』と思い立って、一番身近な自分の名前を『しいたけ』とすることで、あえて‟好き”と刷り込もうとしたのがきっかけですね。いまでは無事、食べられるようになりました」

―――何度聞いても雲をつかむようなご説明ですけれど、これ実話なんですよね。

しいたけ 「はい。僕ね、何かたまに思い立って自分で”こうしよう”と決めてやることがあるんですよ。高校時代は浦沢直樹先生の『MASTERキートン』を読んで、世界観にとにかく感銘を受けたんです。その主人公が‟元英国特殊部隊”の軍人で、考古学者だった。それ以前にも思春期にイギリスの歴史や文化、個人主義などに憧れたこともあって、‟イギリス人になろう”と思い立って毎日一人でティータイムをしてたんです」

―――ティータイム??

しいたけ 「高校3年間、毎日紅茶を淹れた水筒を持って学校に行って、午後3時にお茶を飲んでいました」

―――スコーンを食べたりとか?

しいたけ 「いや、お金がないから紅茶だけです」

―――はあ……。それについて、周りのお友達はどういう反応だったんですか?

しいたけ 「完全にスルーされてましたね。とくにいじめられたりはしなかったですけど、あいつ変わってるなあとは思われてたでしょうね。3年間クラスメイトと一言もしゃべったことがなかったので」

―――うーん、寂しさは感じていなかったんですか?

しいたけ 「喋れなかったんですよ。会話をするにはどうすればいいのかってことが、21歳ぐらいまでわからなかったんです。『おはよー』の後に何を話したらいいのか、どう会話をつなげていったらいいのかって、みんなが当たり前にできていることが本当にわからなかった。今でも会話は苦手なので‟飲み会”に出現するのはレアです。お酒も飲めないですし」

Img26580


まさかのしいたけの被り物でご登場! しいたけさんのプロフィールは…2014年、ウェブマガジン『VOGUE GIRL』に彗星のごとく現れた謎の占い師。毎週月曜日更新の「WEEKLY! しいたけ占い」では12星座のオーラカラーと運勢、アドバイスを掲載。心に刺さる、ポジティブな言葉で綴られていて励まされる…など、ファンの心を惹きつけてやまない。AKB48の小嶋陽菜さんなど、芸能人にもファンが多い。2016年12月に初の著書である本書を刊行。

双子のお姉ちゃんと、お兄ちゃんの陰でボーッとしてた幼少期

―――かなりマイペースなタイプのお子さんだったんでしょうか。今も落ち着いた雰囲気のしいたけさんですが、クラスではどんなポジションだったのかもう少しおききしてみたいですね。

しいたけ 「いや、そんなに友達も多いほうではなくて。僕ね、3人きょうだいの末っ子なんです。お兄ちゃんは野球部のキャプテン兼学級委員で人望も厚かった。あと、僕、双子なんですよ。男女の双子。子どもの頃、‟双子”ってカテゴリーはけっこう目立つんですよ。双子のお姉ちゃんのほうがつねにマシンガンのように喋る子だったから、兄と姉に隠れて僕はずっとボーッとしていました。何かを強制されたことが全然なかったから、どちらかというと子どもの頃から一人で遊ぶのが好きでしたね」

政治や哲学と「占い」って密接につながっている

―――プロフィールによると、大学院では政治哲学を専攻されていたそうですね。

しいたけ 「じつはね、政治や哲学と”占い”って密接につながっているんですよ。古代社会では、権力者は占い師を従えていた。亀の甲羅を使った占いは政治や外交などの重要案件の決断の参考にされていたし、洋の東西を問わず政治の意思決定の際に、占い的要素が関与していたんです。哲学の勉強って難しいから、研究の過程で息抜きとして資料の中に出てくる古今東西の”占い”に関する記述を面白いなと思って読んでいました。それが占いに興味を持つきかっけでしたね」

―――卒業して占い師になるには、何かきっかけがあったんですか。

しいたけ 「大学院を卒業していろいろあって、占いについては研究を続けていたんですよ。そのときにちょうど、縁があってインドに行くことになったんです。知り合って間もない人から急に、『インド行かない?』って誘われた。普段だったら行かないですが、当時はほかにやることもあんまりなかったから、ノリでインドに行ってしまった(笑)」

Img26594

飾り切りも華やかな、しいたけさん。占い師になるまでの経緯も独特です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき