体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「入居者のための食堂」が魅力的すぎ! 朝食100円、昼食・夕食が500円で食べられるワケ

「入居者のための食堂」が魅力的すぎ! 朝食100円、昼食・夕食が500円で食べられるワケ

「駅に近い街の一角に自分たち専用の食堂がある」……そんな何だか特別な気分と安心感を味わえる「入居者のための食堂」が神奈川県相模原市にあります。朝食100円、昼食・夕食500円。体に優しい手づくりの食事を、財布に優しいワンコインプライスで毎日提供しています。どんな仕組みなのか、なぜそのようなお店が誕生したのか気になり、淵野辺のトーコーキッチンを訪ねました。

入居者の皆さんのための食堂。プラス効果しかないと思って始めました

賃貸物件の入居者専用食堂トーコーキッチンがあるのは、JR横浜線・淵野辺駅から歩いて2分ほどの商店街にある賃貸ビルの1階。運営するのは、40年にわたって淵野辺駅周辺の賃貸住宅(アパート、マンションなど)1600室を管理している東郊住宅社。地域密着型の、いわゆる“街の不動産屋さん”が直営する食堂です。

この食堂では、朝8時から夜8時まで毎日、朝食を100円、昼食・夕食を500円という格安価格で提供しています。栄養のバランスを考えてつくられた日替わり定食のほか、カレーライス500円やキッズプレート300円、コーヒー・紅茶・ルイボスティー100円、サイドメニュー50円などのメニューがそろいます。おいしさや食の安全性を最大限追求した食堂です。【画像1】優しい色合いでまとめられたインテリア(写真撮影/金井直子) 【画像1】優しい色合いでまとめられたインテリア(写真撮影/金井直子)【画像2】チキンソテー照焼ソースと魚の味噌漬け焼きセット。栄養バランスが良く、食材の味を生かした優しい味です。ご飯は白米と五穀米から選べます。この充実した食事を500円で提供してもらえるのはとてもありがたいことですね(写真撮影/金井直子)

【画像2】チキンソテー照焼ソースと魚の味噌漬け焼きセット。栄養バランスが良く、食材の味を生かした優しい味です。ご飯は白米と五穀米から選べます。この充実した食事を500円で提供してもらえるのはとてもありがたいことですね(写真撮影/金井直子)

食堂を利用できるのは、東郊住宅社が管理する物件の入居者およそ3000人のほか、物件オーナー約200人、協力関係業者、東郊住宅社社員など。借りている自分の部屋のカードキーで食堂にも入れるシステムです。鍵の保有者と同行すれば、家族や友人も一緒に入店できます。

部屋探し中の人も、食堂の利用体験ができます。東郊住宅社の事務所でコーヒーチケットを渡しているので、問い合わせてみてください。利用時には店舗内のスタッフに言って入り口を開けてもらいます。関係者以外の人でもトーコーキッチンに興味があれば、一度は利用することが可能だそうです。

この仕組みを立ち上げたのは、東郊住宅社二代目の池田峰さん。

「入居者の皆さんのための食堂をやろうと決めたのは、全方位にプラスの効果があると考えたからです。入居者さんには健康な食事環境を、入居者の実家のご家族には安心を、物件のオーナーさんや当社には入居率の安定をもたらしてくれます。それに何より、おいしいものは人を幸せにしてくれますしね」とほほ笑みます。【画像3】写真左:池田さんのレシピを採用したハヤシライス「ハヤシ社長」500円(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)。写真右:朝食はご飯、豚汁、卵料理と副菜2種で100円! 2食頼む学生さんもいるとか。それでも200円!(写真提供/トーコーキッチン)

【画像3】写真左:池田さんのレシピを採用したハヤシライス「ハヤシ社長」500円(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)。写真右:朝食はご飯、豚汁、卵料理と副菜2種で100円! 2食頼む学生さんもいるとか。それでも200円!(写真提供/トーコーキッチン)

1人暮らしでも、子どもだけでも、安心して過ごせる場をつくりたい

淵野辺は周辺に大学(青山学院大学、麻布大学、桜美林大学)が点在する学生街。東郊住宅社の管理する物件中、一人暮らし用ワンルームが物件の6、7割を占め、そのうちの8割ほどに学生が入居しています。

食堂の平均利用者数は1日100人ほどで、高いリピート率が特徴。全ての入居者が利用しているわけではありませんが、来店者の多数を占める学生のほか、ファミリ—、夫婦、独身者など、さまざまな入居者がおいしい食事を求めて、日々訪れます。

「味はどう?」

「部屋で困っていることはない?」

池田さんは毎日2度、3度と食堂を訪れ、来店中の入居者にあえてそうしたフランクな口調で話しかけます。

「多分、私は日本で一番『味、どう?』って聞いている不動産屋なんじゃないかな(笑)。もちろん気軽に話したくないという方もいらっしゃるので、人に応じた距離感を保つように努めていますが、入居者の皆さんとコミュニケーションをとることはとても大切なことだと考えています」

「顔が見えるということは、人と人との関係を築く上で重要です。顔の見えない『不動産屋と入居者』だと、かしこまった間柄のままですが、お互いの人間性が見えれば、心がつながる。物件を管理したり、快適に暮らしていただいたりする上で、そのつながりがとても役立っています」

「部屋は大丈夫?って聞くと、『そういえば、設備の調子がイマイチで……』と生の声が直接返ってくるので、その物件全体の管理にも役立っています。当社は何か問題があれば直接現地へ赴いて迅速に対応するサービス体制など、入居者の利便性や信頼を高める工夫をしていますが、日常的な交流があることで、担当者をより信頼していただけるのではないかと感じています」【画像4】人懐っこい笑顔が印象的な池田峰さん(写真撮影/金井直子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。