ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Pyxis(豊田萌絵&伊藤美来) 「大丈夫? ピクシス!?」赤坂BLITZが“初恋現場”に! ホームランも飛び出した初ワンマン

Pyxis(豊田萌絵&伊藤美来) 「大丈夫? ピクシス!?」赤坂BLITZが“初恋現場”に! ホームランも飛び出した初ワンマン

 若手人気声優の豊田萌絵と伊藤美来からなるユニット・Pyxis(ピクシス)が、1月15日 赤坂BLITZにて【Pyxis Live 2017“Pyxis Party”~First Love 注意報!~】を開催した。

Pyxis(豊田萌絵&伊藤美来) キュートなライブ写真

 2016年にアルバム『First Love 注意報!』でメジャーデビューを果たしたPyxisの今回のライブは、メジャーデビュー後初のワンマンライブ。この日、2月22日に発売となるメジャー1stシングル曲「FLAWLESS」(TVアニメ『デュエル・マスターズVSRF』EDテーマ)も初披露し、大盛況の一日となった。

<赤坂BLITZが“初恋現場”に! 「私上手くない!?」豊田萌絵がホームラン!!>

 「First Love注意報!」のイントロで、2人のシルエットが映し出される。幕が上がると「Pyxis Partyにようこそ~!」豊田萌絵と、「最後まで盛り上がっていこうね!」伊藤美来が胸部にモフモフしたハートのついた衣装で登場。初恋がテーマとなったアルバム『First Love注意報!』の楽曲を可愛らしい振り付けで立て続けに披露していく。「Please!Please! いくよー!!」両脇のお立ち台からファンを煽り、冒頭から大きな声援が沸き起こった。

 「今日はPyxisとの初恋現場にということで、会いに来てくれたんだよね!」ファンの興奮を誘いつつ、「まだまだこれからですよね! 盛り上がりたいですよね!」と、小芝居を取り入れた弾けるダンスで「ハズム恋リズム」を披露。また「13番」では、カラーボールを会場に投げ入れたのだが、バッティングでもボールを贈る。そこで伊藤美来は空振り連発……。一方、豊田萌絵はナイスバッティングをみせ、2F席へホームラン!「私上手くない!?」最後はピッチャー&バッターのポーズでキメてみせた。

<「大丈夫? Pyxis!?」2人のおみくじ…。 “パジャマ女子会”で見せ場を奪い合い>

 「あけましておめでとうございます」スクリーンにPyxisによる浅草ロケのVTRが流される。浅草寺(せんそうじ)を「あさくさでら?」、大香炉を「あれなに? 焼き芋?」、2人そろっておみくじ“凶”など、「大丈夫? Pyxis!?」と笑いが多く起こったVTRであった。その後、「今日はパジャマ女子会だよ~!!」パジャマ衣装に着替えたPyxisは「ジェリービーンズ・ダイアリー(Like Cover Girl)」でライブを再開。そして伊藤美来のソロステージ「Dear Honesty」、豊田萌絵のソロステージ「カフェモカ・サイド」でお互いが乱入し、“戦隊ポーズ”“もえしコール”といった見せ場を奪い合った。しかし「Wellcome! My best friend」で「萌絵さん! 美来の部屋においで~」とすっかり仲直り。肩を寄せて“おねんね”ポーズで曲を終えた。

 続くVTRは「対決コーナー」。バッティングセンターにて、20球中どちらが多く前に打ち飛ばせるかが競われた。ジャンケンにより伊藤美来が先攻。「お前を甲子園に連れていくぞ」と意気込み、ラストをいい当たりでしめ記録7球。「もっといいとこ投げてぇ……」投球がスタートしてないのに怖がる豊田萌絵だったが、少しコツを掴み続けざまに前へ飛ばしていく。終わってみれば記録は8球。この勝負は豊田萌絵がみごと勝利をおさめたのだった。

<新曲「FLAWLESS」を初披露! 「今日が初恋記念日になりましたか?」初ワンマンも大盛況>

 VTR明け、歌詞にある“ダイヤハート”をイメージしたという白銀の新衣装とともに新曲「FLAWLESS」を初披露。輝く先を信じて突き進もうというこの曲はTVアニメ『デュエル・マスターズVSRF』のEDテーマにもなっている。「いろんな表情をしているので、こっぱずかしい!」と語るミュージックビデオも公開されており、1月15日からはTVサイズでの先行配信もスタートしている。

 「ここからラシゅ……ラストスパートです! 皆さん盛り上がっていきましょう!!」(伊藤美来)仕切り直して、ライブもいよいよ終盤に。ここでは「何でもいいよ! 布ならなんでいいよ!」タオルを回して颯爽と風が吹き抜けた「トキメキセンセーション」、そしてPyxisと“かけがえのないこのときを、いまを楽しもう”といった「Jewel」が披露される。メジャーデビュー前から歌ってきたこの曲に「いろいろ思い出す」2人。しかしライブはラスト1曲「Shiny day」を残すのみとなった。

 「結成から1年とちょっと……この日が来るのをホントに楽しみにしていました! 凄く楽しかったです!!」伊藤美来が、一昨年の5月に結成した当時と比べて、赤坂BLITZの規模でライブを出来た喜びを語る。そして「2人で過ごす密度が濃くて、美来との距離もいっそう縮まりました! ファンの皆さんとももっと一緒に過ごしていきたいです!!」豊田萌絵がこれまでの成長とこれからの活躍を誓い、大団円を迎えた。

 「今日が初恋記念日になりましたか?」最後まで一人一人へ手を振り、笑顔を送る2人。声優としても活動する彼女たちだが、歌やダンスの成長は著しく、ステージングも逞しさを感じさせた。2月には1stシングル発売も控えているPyxis。これからの動向も要チェックだ。

取材:フルカワタイスケ
写真:江藤はんな

◎セットリスト
【Pyxis Live 2017“Pyxis Party”~First Love 注意報!~】
1月15日(日)赤坂BLITZ
01.First Love 注意報!
02.新しいキミ
03.Please!Please!
04.ハズム恋リズム
05.恋でした
06.13番
07.ジェリービーンズ・ダイアリー(Like Cover Girl)
08.Dear Honesty
09.カフェモカ・サイド
10.Welcome! My best friend
11.FLAWLESS
12.初恋の棘
13.トキメキセンセーション!
14.Jewel
15.Shiny day

◎リリース情報
シングル『FLAWLESS』
2017/2/22 RELEASE
<初回限定盤>(CD+DVD)
TECI-544 1,800円(tax out.)
DVD収録:「FLAWLESS」MV+メイキング映像
<通常盤>(CD)
TECI-545 1,200円(tax out.)

収録曲:
01.FLAWLESS
02.ミライSniper
+各インスト収録

<「FLAWLESS」TVサイズ先行配信>
1月15日より、レコチョク、Google Play Music、iTunes Store、music.jpほかにて

関連記事リンク(外部サイト)

Pyxis、新曲「FLAWLESS」MVで豊田萌絵&伊藤美来が迫真の涙
20歳になった伊藤美来 大好きな特撮ヒーロー登場に大興奮! ソロデビュー時に彼女を支えたヒーローとは?
声優アーティスト・伊藤美来 20歳の誕生日とソロデビューをTrySailらも祝福! 大好きな特撮テーマ曲披露も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。