ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒャッハー!!マッドマックスのモノクロ版が圧倒的首位! 映画初日満足度ランキング(ふかみん情報局)

mmc2

ガジェット通信映画研究室のふかみんです。

ガジェット通信編集部に送られてくる膨大な情報の中から気になる映画関連情報をピックアップしてお届けします。
今回は映画レビューサービス「Filmarks」ユーザーさんの2017年1月第2週上映スタート作品の初日満足度ランキングをご紹介。

映画初日満足度ランキング(2017年1月第2週上映スタート作品)

1位 『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』 (ワーナー・ブラザース映画) ★4.60
2位 『牝猫たち』(日活) ★3.71
3位 『ネオン・デーモン』 (ギャガ) ★3.57
4位 『トッド・ソロンズの子犬物語』 (ファントム・フィルム) ★3.42
5位 『本能寺ホテル』 (東宝) ★3.25
6位 『天使にショパンの歌声を』 (KADOKAWA) ★3.06

情報提供:映画レビューサービス「Filmarks」
https://filmarks.com/ [LINK]

マッドマックスのモノクロバージョンが堂々の1位! ジョージ・ミラー監督自身が「ベスト・バージョン」というこのモノクロバージョン。Blu-ray発売(2017年2月8日)に先駆けて劇場公開されています。一体映画館で観るとどうなのか。結果、高評価をつけた人が多かったようです。筆者もマッドマックスは何回も観ていますが、どう印象が変わるのか、確認してみたくてウズウズしています。

◆邦題:マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション
◆公開日:2017年1月14日(土)
◆劇場:新宿ピカデリー 他全国
◆配給:ワーナー・ブラザース映画

FilMarksユーザーレビューより:
モノクロになり情報量が減ることによって構図の素晴らしさや、 人物の心情がより明確になっていて、 心が激しく揺さぶられました。 (30代・男性)
2017年のベストムービーがもう決まってしまった。 もう何回観たかわからないけど、 初めて観たみたいにドキドキして、 ハラハラして、 ニヤニヤして、 もちろん泣いてしまった。 (20代・男性)
私にとってマッドマックスは「泣ける映画」なので、 白黒になることでよりストーリーにのめりこめてしまい、 今回も泣けましたね。 本当素晴らしかったです!!(30代・女性)

(ふかみん)

ガジェット通信への情報提供お待ちしております

情報提供はこちらから。みなさんからの情報お待ちしてます。
https://getnews.jp/mail

※2017年1月第2週上映スタート作品の映画作品を対象に、2017年1月16日時点でのFilmarksの★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計
※トップ画像は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』公式サイトより

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信』

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy