NTTドコモ、Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02Dを12月10日に発売

access_time create folderデジタル・IT

NTTドコモが「Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D」を12月10日(土)より発売すると発表しました。予約受付は行われないようです。SC-02Dは、7インチWSVGA(1,024×600ピクセル)の液晶ディスプレイを搭載したコンパクトサイズのSamsung製Honeycombタブレット。OSバージョンはAndroid 3.2(Honeycomb)が採用されています。Smasung独自UIの「TouchWiz」は、Honeycomb用のものが搭載されています。プロセッサーは1.2GHzデュアルコア、RAM容量は1GB、フラッシュメモリの容量は16GB(実質12.7GB)。microSD/microSDHCカードで容量を拡張できます。カメラは背面に310万画素CMOSと前面に190万画素を搭載。1080p動画の再生、720p動画の撮影ができます。通信機能はWi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Bluetooth 3.0+EDR、DLNA(AllShare)、Wi-Fi Direct、赤外線リモコン、GSM/WCDMAに対応します。パケット通信ではHSDPA 14.4Mbps/HSUPA 5.76Mbpsに対応します。spモード、dメニュー、dマーケット、緊急地震速報(エリアメール)、ドコモ地図ナビ、安心スキャン、WORLD WING(3G+GSM)、テザリングには対応しますが、おサイフケータイや赤外線通信、ワンセグ、防水・防塵には対応しません。バッテリー容量は4,000mAhで、3Gでのスタンバイ時間は最大1,100時間、通話時間は最大1,200分。本体サイズは194mm×122mm×10.0mm、質量は約345g。Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
LogitechのGoogle TV「Revue」にAndroid 3.1(Honeycomb)へのアップデートが配信中
Archos G9タブレットを使ったAndroid 4.0のデモ映像
Sony Ericsson LT26i”Nozomi”の別の実機画像(更新:画像を追加)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧