ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プライム会員なのに『Amazonプライム・ビデオ』を使ってない人なんているの? いまさら聞けないアレコレまとめ[PR]

Amazon_1

このところの『Amazonプライム・ビデオ』の頑張りは目を見張るモノがあります。ここ最近でも、オリジナルの新作バラエティ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』を配信スタートしたり、 『M-1グランプリ』(2001~2010年)をしれっと配信スタートしたり、新シーズンとして始まった『ポケットモンスター サン&ムーン』を当たり前のように見逃し配信していたり、その企業努力をもっと世にアピールしてもイイんじゃないかと。そう思うワケです。

プライム会員になるかどうかは、『Amazon』の利用率の問題です。だから、個々の判断についてとやかく言うつもりはありません。でも、これは断言しましょう。プライム会員なのに、『プライム・ビデオ』を使ってないなんてあり得ない!

さて、ここまで読んで「なんのこっちゃ?」と思った方々に向けて、『プライム・ビデオ』の初歩の初歩をまとめてみました。目次で気になる項目があれば参考にしてみてください。

・プライム会員とは
・気になる年会費は?
・『プライム・ビデオ』とは
・主な注目作品
・対応デバイス(どこでも視聴)
・『Fire TV Stick』の使い方
・ダウンロード機能のススメ

プライム会員とは

Amazon_4

『Amazon』のプライム会員とは、『Amazon』ユーザーに向けた会員制プログラムのことです。

『Amazon』の『お急ぎ便』『お届け日時指定便』を追加料金ナシで何度も利用できる他、100万曲以上の楽曲を視聴できる『プライム・ミュージック』、クラウドドライブ上に無制限に写真を保存できる『プライム・フォト』、好きな本を毎月1冊無料で読むことができる『Kindle オーナーライブラリー』など特典が満載。『プライム・ビデオ』もこの会員特典の1つというワケです。今後も様々な会員特典が追加される可能性は高いと思われます。

気になる年会費は?

プライム会員は年会費3900円(税込み)で利用することができ、新規ユーザーを対象に1か月の無料体験期間が設けられています。年会費を月額に換算すると、325円相当。これで上記の特典をすべて享受できるのです。普段から『Amazon』を利用している人であれば、入会していて損はないハズです。

Amazon_5

ちなみに、学生向けの会員プログラム『Amazon Student』であれば、年会費1900円(月額159円相当)で利用できちゃいます。しかも無料体験期間が6か月。学割ハンパないです。

『プライム・ビデオ』とは

『プライム・ビデオ』は、SVODと呼ばれる定額制の動画配信サービスに区分されるサービスです。プライム会員であれば、追加料金ナシで様々な映画やテレビ番組が見放題となります。番組表があるインターネットテレビ局とは違い、好きな作品を好きなタイミングで鑑賞することができます。

主な注目作品

Amazon_8

例えば、『007 スペクター』『ミニオンズ』『ジュラシック・ワールド』『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』『クリード/チャンプを継ぐ男』など、比較的新しい作品も取り揃えており、それぞれのシリーズ過去作まで一挙に鑑賞できちゃうのが見放題サービスの嬉しいポイントです(2016年12月5日時点)。

また、『Netflix』や『Hulu』のように、『Amazon』も独自に制作したオリジナル・コンテンツや、他では観ることができない独占配信の作品を多く抱えています。

Amazon_9

オリジナル・ドラマ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』『トランスペアレント』、独占配信の『MR. ROBOT / ミスター・ロボット』『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』、子ども向けシリーズ『タンブルリーフ』、日本オリジナル作品『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』『仮面ライダーアマゾンズ』『はぴまり~Happy Marriage!?~』『宇宙の仕事』などなど、挙げるとキリがないのですが、このあたりは後日、またジャンルごとに注目作品をまとめてみたいと思います。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy