ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「ネイティブ広告ハンドブック」騒動に思う、広告業界と消費者の壁。

2016-11-10_124551

面識はないが個人的に大好きなWEBライターがいる。その彼が荒ぶっていた。
この度広告業界の立派な集まりから発表された「ネイティブ広告ハンドブック」についてである。

ネイティブ広告ハンドブック
http://www.jiaa.org/download/JIAA_nativead_handbook.pdf

といっても彼はハンドブックの内容に荒ぶっているのではない。このハンドブックに対する意見を述べたところ、広告ギョーカイの偉い人たちに素人扱いされ失笑されたことにより怒っているのだ(たぶん)。
詳しくは彼のエントリーを見ればわかると思う。
http://yoppymodel.hatenablog.com/entry/2016/11/10/111014

この騒動の根本はただ一つ“送り手と受け手の温度差の理解不足”である。
ネイティブ広告ハンドブックに書いてあることを超要約すれば「受け手にとって有益な情報を有益な場所に置いておきましょうね。」ってことなのだが、ギョーカイ人の僕が読んでいてもわかる。長い。
PDFにして50P弱、文字数4万。卒論か。
でも中身はとってもいいことが書いてあって、今すぐギョーカイ人は一言一句落とさずに読むべきだと思う。いや全てのクライアント、ライター、デザイナー、広告に関わる人間は絶対に読むべき内容であることに間違いはないのだ。

ただその内容がモニタ越しに見るにはとても重くて、すっかり眼が乾いてしまった。
これが本来の使用用途として考えられるような、出力したものに偉い講師が説明を加えていく。といったものであればそれは大変有益な資料であろう。
つまりここに“送り手と受け手のギャップ”が生じている。
ハンドブックを作った方々は、この資料を出力での読み物として想定した。そして“良かれと思い”PDFとしてWEB上に公開。
ただそれを見たWEB上の人間、受け手たちはこれを「読みにくい」と感じその思いをそのままWEB上に吐露した。作った人は「リテラシーのない奴ら」と罵り、罵られた受け手もまた「リテラシーのない人たち」と、泥試合になってしまったのだ。

ギョーカイで飯を食っている人間として、この問題は他人ごとではない。
僕たちは伝えたいことを形にしてアウトプットする。しかしそれが受け手の求めている情報でなかったり、過剰梱包されていることが往々にして発生しているのだから。

“1億総発信者”とも言える時代。一つのばかばかしい投稿で何十万と再生数を稼ぐ学生もいれば、渾身の論文が関係者の目にしか留まらない教授だっている。
我々はギョーカイ人は、プロとして受信者に合わせた発信を心がけていかないと思う今日この頃である。

過去に比べれば、情報を受け取る回数も、場所も、議論するチャンスも遥かに増えているのだから。
受信者はバカじゃない。そうやって自分に必要な“ネイティブな情報”を取捨選択して行動しているのだ。
送り手と受け手の壁、広告業界と消費者の壁をまずは発信者からなくさないと、いつまでたっても独りよがりなギョーカイになってしまうことを危惧している。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ぶらっくまぐろ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき