ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『ヱヴァンゲリヲン』×『太陽のトマト麺』のコラボラーメンを試食してきた

大阪のJR環状線福島駅を下りて徒歩1分、目的のラーメン店『太陽のトマト麺 福島駅前支店』に到着した。2011年11月26日から始まる『ヱヴァンゲリヲン×太陽のトマト麺』キャンペーンメニューの試食をするためにやってきたのだ。
このラーメン店はテレビなどのメディアやラーメン雑誌にも掲載され話題となっている新感覚のお店。そして『ヱヴァンゲリヲン』と言えば、社会現象にまでなった大人気のアニメであり、今年の8月には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』がTV地上波で初放送、同時に来年の秋に続編である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が公開予定ということも発表され、話題になった作品である。
正直なことを言うと筆者はトマト麺を食べたことがなく、いったいどんな味なのか期待と不安が入り混じった複雑な気持ちだった。事前に調べてみたのだが、『太陽のトマト麺』では女性客が全体の45~50%に達するそうで、普通のラーメン店の客層と大幅に異なる。やはりヘルシーな感じなのだろうか。こってりラーメンが好きな筆者には、もの足りないのではないだろうか。
運営会社が『大阪王将』で有名なイートアンド株式会社であることにも驚かされた。餃子とトマトラーメンと全く正反対のイメージである。

あれこれ考えても仕方ないので店に入ってみることにした。担当者にアポイントをとってキャンペーンメニューの試食をしに来た、ということをスタッフに伝え、しばらく待たせてもらうと、営業本部の井口さんとマーケティングコミュニケーション部の室山さんが来てくださった。
まず疑問に思っていたことを聞いてみる。

Q:『ヱヴァンゲリヲン』といえば、ローソンやロッテリアなど多くの企業コラボキャンペーンを行っているのだが、ラーメンとのコラボにはかなりの驚きがあった。どのような経緯で今回のコラボに至ったのか。

A:今回の企画は、ブログや本などを出版して活動している『女子ラーメン部』との企画で、新たな女性客を呼び込む狙いもある。

実際、筆者の知人にも女性の『ヱヴァンゲリヲン』ファンは多く、今回のキャンペーンをきっかけに『太陽のトマト麺』を知ったという人もいた。

まず、このキャンペーン特別メニューである『アスカのトマト麺』を食べてみることにした。香りはまさにトマトソースである。スパゲッティをそのままラーメンにしたような感じだ。
登場キャラクターである式波・アスカ・ラングレーをイメージして真っ赤なスープにソーセージやポテト(アスカはドイツ出身の設定)、黄色いパプリカやナスなどの具材もたっぷり入っている。見ためにも華やかで、正にアスカそのものだ。さて、はたして味はどうだろうか。
最初にスープを一口飲んでみた。トマトの酸味がよく効いた味だ。やはり近い味はパスタのトマトソースだなと思った瞬間、ピリッと辛さが口の中に走った! ラー油の辛さだ。しかし、この辛さが意外にもトマトの酸味とマッチしている。こんな組み合わせがあるとは驚いた。そして麺はそうめんを少し太くした程度の、ラーメンとしては非常に細い麺なのだが、ほどよくコシもある。これは新しい、今までにない味だ。もっとあっさりした味なのかと思っていたのだが、パンチも効いていて、こってりラーメンが好きな筆者も満足できた。もちろん、こってり系が苦手という方にもオススメしたい。

次は『レイのパイタン麺』だ。同じく登場キャラクターである綾波レイをイメージしたラーメンで、豆乳とチーズというビックリな組み合わせ。見た目は、クリームソースのスープスパかな、といった感じだ。豆乳が入っていると聞いたので、トマト麺よりも、さらにあっさりなのかとイメージしていた。スープを飲んで驚いたのは、いろんな出汁が混ざっているのだろうか、非常に味に深みがあるように感じた。そして、上にかけられている半分溶けたチーズをスープに混ぜてみると、これが不思議に合うのだ。アスカとトマト麺と同じく、たっぷりの白菜や小松菜などの具材も入っていて、男性でも満足できるボリュームとなっている。

この2種類のラーメンを試食した後に用意されたのは、今回のキャンペーンメニューではないのだが、『らぁリゾ(アフターラーメンリゾット)』と呼ばれるご飯だ。ただのご飯かと思いきや、ラーメンの残りスープをかけて、リゾット風にして食べるそうだ。貧乏学生時代にカップ麺にご飯を入れて食べたりした懐かしい思い出はあるが、ラーメン店でそんな食べ方は恥ずかしくて普段ならできない。しかし、ここではそれを気にせずできるのだ。とはいえトマトスープをご飯にかけて、合うのだろうか? という疑問もあったのだが、食べてみると来店客の約8割が、『らぁリゾ』を注文するというのも納得!
オシャレなイタ飯屋さんで、リゾットとしてメニューにあってもおかしくない味だ。たった150円の追加でラーメンの後にリゾットが味わえるのなら、かなりお得に思える。

今回の『ヱヴァンゲリヲン』とのコラボの目玉は、対象メニューを注文するともらえるスタンプカードにスタンプを3つ集めると、各店先着800名にプレゼントされる、特製描き下ろしクリアファイル。また、スタンプを3つ集めたカードを店頭で応募すると、それぞれのキャンペーンメニューでも使用される、レイとアスカが描かれた『描き下ろしラーメン鉢』(通称:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:丼)が抽選で500名にプレゼントされるのだ。
描き下ろされたイラストは女性を意識してか、アニメの中では見られない女性らしいファッションのレイとアスカの姿が描かれている。他の企業との『エヴァ』キャンペーンに比べると幾分ハードルが高いようにも思われるが、その分、今回のオリジナルグッズはレア度も高いので、ファンにとっては、是非手に入れておきたい代物になるだろう。筆者もキャンペーン期間の11月26日~12月25日までの1か月、最低でもラーメン3杯は『太陽のトマト麺』で食べるはずだ。

画像:筆者撮影、(C)カラーよりご提供

※この記事はガジェ通ウェブライターの「さきえる」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
アメブロで『エヴァンゲリオン情報局 最速ヱヴァ情報evacollection』という情報ブログをしています。エヴァに関する情報を集めて発信&イベントなどを企画しています。販売、営業などの職を経て、現在の仕事は商品ネット販売&デザイン営業などです。趣味はテニス。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき