【保存版】プロに聞く“インタビュー・人物写真を撮るときの秘訣”

access_time create folderデジタル・IT
DSC_0081_f

みなさんはカメラの取り扱い、写真の撮り方ってどんな風に覚えましたか?
入門書を読んだり、webの記事で調べる人もいるとは思いますが、結構な割合の人は我流だったりするのではないでしょうか。

今回、インタビューや人物撮影のコツについて、プロのカメラマンの方に伺うことができました。ワンランク上の仕上がりを目指したい人、必見です。

今回解説してくださるのは、フォトグラファーの上田晃司先生。ニコンカレッジの講師も務めてらっしゃいます。
上田先生は人物を中心に撮影する一方、ライフワークとして世界中の街や風景も撮影しているとのこと。

上田先生

上田 晃司 プロフィールと開講講座 | ニコン カレッジ | ニコンイメージング
https://recept.nikon-image.com/nikoncollege/TeacherDetailInit.do?teacherNo=10

ガジェット通信ではその性質上、インタビュー記事なども多いのです。そこでズバリ、どうやったらインタビュー写真がうまく撮れるか、勉強会を通して上田先生に聞いてみました。今回はニコンのカメラを使った解説を行います。

DSC_0054 DSC_0165

人物写真の印象は明るさ、色で決まる

インタビュー撮影ではAモード(絞り優先オート)が便利です。

Aモードにすると「絞り」を自由に変更できるので、“一瞬で入ってくる光の量”と“ピントの合う範囲”が変更されます。

IMG_8282_f

Aモードにすることで、1点注意が必要です。それはシャッタースピード。
絞り優先モード、ということは「絞り」と「そのときのISO感度」によってシャッタースピードを決定します。
つまり撮影する条件によっては、シャッター速度が遅くなってしまうので、被写体がブレることがあるのです。

一般に手ブレしにくいとされているシャッタースピードは1/125程度。
被写体が動いている場合は、もっとシャッタースピードが必要な場合もあります。

もし仕上がった写真がブレている、などシャッター速度が足りない場合には、ISO感度を調整することでブレを軽減することができます。Nikonでは『感度自動制御』という機能がありますので、これを使いましょう。

IMG_8283_f

『感度自動制御』はシャッタースピードの下限を設定することで、最適なISO感度を自動的に設定してくれるのです。

明るさを調整する

カメラの特性として、「白っぽい部屋で撮影すると暗く写りがち」「黒っぽい部屋で撮影すると明るく写りがち」というものがあります。

たとえば、黒い色なのに灰色っぽく自動調整されてしまうケースなどがあります。

DSC_0003_s

撮ってみた写真が実際に自分の目で見ているよりも暗い/明るい場合など、写真の明るさを調整するには「露出補正」を使いましょう。これだけでも印象が全く変わってきます。

DSC_0004_s

色味はホワイトバランスで決まる

残念な写真の多くが、写真の色味に問題があります。
写真の色味を調整するには「WB」(ホワイトバランス)を調整します。
色を正確に出すには、「PRE」(プリセットマニュアル)を使いましょう。

IMG_8269_f

どうも顔色が悪い、という場合には『WB微調整』を活用します。赤みを少し加えてあげるために、マゼンタを0.25~0.5程度入れると、見違えて健康そうな顔色になります。

IMG_8284_f

ストロボをうまく使おう

限られた条件下では、「光を操る」必要があります。
もっともハンディーで便利なアクセサリーがストロボです。しかし、カメラに内蔵されているストロボを使うと、思いっきり「素人っぽい写真」になってしまいます。
(こういった写真のことを、「生っぽい」と呼びます)

IMG_8289_f

そんな内蔵ストロボも少しだけ工夫すると少しは良いライティングになります。

IMG_8290_f
1 2 3次のページ
access_time create folderデジタル・IT
local_offer

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧