ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Theatre劇団子の舞台稽古に潜入! 夢を追う芸術家達の青春物語

舞台稽古に潜入!

11月23日から27日まで舞台『カメコが笑った日』を、11月29日から12月4日まで舞台『トキタ荘の冬』の公演を行うTheatre劇団子の稽古場に行ってきました。本番直前の通し稽古の取材と、両作品に出演する阿部英貴さんと大高雄一郎さん、そして作・演出の石山英憲さんへインタビューを行いました。※すべての写真を見るにはこちらから(https://getnews.jp/archives/153152)

『トキタ荘の冬』

Theatre劇団子は、石山英憲さんを中心とした日本大学芸術学部映画学科演技コースの学生が立ち上げた劇団。“誰にでも楽しめるエンターテインメント”をモットーに、ささやかな日常をテーマとした人情コメディーを作り続けている。活動当初から趣向を凝らしたオープニング映像を用いたり、お笑いコンビやロックバンド、女性ボーカリストらとコラボレーションを重ね、演劇の枠にとらわれない、より質の高いエンターテイメントを目指している。新宿の劇場を拠点に動員を伸ばし、2009年に愛知県で開催された演劇博覧会カラフル3では、グランプリに相当する『パブリックアワード』と『インターネット口コミ賞』をダブル受賞。 2011年にはベストセラー作家・有川浩の小説『シアター!』(メディアワークス文庫刊)を原作とする舞台『もう一つのシアター!』(出演:大和田伸也ほか)を上演し、大きな話題を呼んだ。

何やら重い空気が……

今回行われる公演は、2003年に行われた公演の再演、そしてその10年後を描いた作品。両作はトキタ荘という、貧乏アパートを舞台にしている。『カメコが笑った日』は、夢を見てそれに向かって走った事がある人ならば、誰もが感じたであろう悩みや葛藤が散りばめられている。その中で毎日を楽しく過ごす事、夢を追う事、そして“本当の優しさ”について表現している。その10年後のトキタ荘を舞台にした新作『トキタ荘の冬』を書き下ろし、2週に渡って2作品を連続上演する。

今回は、『カメコが笑った日』の通し稽古にお邪魔してきました!

蛇一さん

作中のトキタ荘に登場するのは個性的なキャラクターばかり。売れない漫画家、売れない映画監督、売れない画家、売れないパンクミュージシャン、売れない俳優の卵……ここに住む人は、全然売れてないけど、夢を追う日常を生きている。そんな彼らの楽しくも切ない物語。

『トキタ荘の冬』にもハイウェイの姿が!

記者は、売れない映画監督・ハイウェイというキャラクターに酷く共感しました。いつもフラフラしていて、人の彼女にちょっかいを出したり、口が悪かったり。そんなにくまれ役のハイウェイは、一番仲間に成功してほしいと思っている。偽りの優しさで誤魔化したりせず、ひねくれながらも真っ直ぐ他人の作品と向き合っている。ハイウェイは夢を追う人間が好きなのだ、心の底から好きなのだろう。そして彼は夢を追えない自分が嫌いなのだ。この舞台の中で、ハイウェイだけが子供のままのような、大人なのだ。誰よりも自分のことを分かってて、夢を追えなくなってしまって。それでも誰かを応援することで、自分も変われると思っている。そんな風に感じました。

平成のトキタ荘にも10年前の名残が見えます

『カメコが笑った日』の最後に、漫画家を目指していた男・四方は夢を諦めて実家に帰る事になります。その10年後、彼は再びトキタ荘に戻ってくる。帰ってきたトキタ荘には、彼の知る人はほとんどおらず、雰囲気も変わり、だけど変わらない物が残っていた。一体彼はどうして戻ってきたのか、10年前の仲間たちは今どうなったのか。そしてトキタ荘で始まる新たな日常……。それが、『トキタ荘の冬』で分かることになるそうです。

誰かと言い争ってるようですが

キャストの阿部英貴さんと大高雄一郎さん、そして作・演出の石山英憲さんにインタビューを行いました。

大高雄一郎さん

大高雄一郎さん
―今回演じる長谷とはどんな役柄ですか?

『カメコが笑った日』という作品では、一番末っ子の売れない劇団員です。上京してきたばかりの世間知らず男の子なのですが、『トキタ荘の冬』という十年後が舞台の作品にも出演します。十年という時間の中で、長谷がどう変化するのかというところが見どころです。『カメコが笑った日』では、がむしゃらで無邪気な19歳の少年ですが、10年後の29歳になってもまだ売れていません。

1 2 3次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき