ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頑固な目の疲れがスッキリ!全身の不調につながる疲れ目を自分で解消する方法

目の周りが痙攣する、目の奥が痛い、重い、ショボショボする、乾燥してかすむ――パソコンを使ったデスクワークの多いビジネスパーソンに「疲れ目」はつきものです。疲れ目がひどくなると、肩凝りや頭痛、さらには全身の倦怠感を引き起こし、仕事や日常生活に支障が出ることも。そうなる前にケアしましょう!

今回は、疲れ目を効果的に解消するセルフケアの方法、目に良い食事や習慣、NGな習慣についてお伝えします。

f:id:tany_tanimoto:20160803163905j:plain

疲れ目に効く「ツボ」と「マッサージ」

疲れ目のそもそもの原因は、目の周りにある筋肉の張り。体と同じようにツボをマッサージすると筋肉が緩み、スッキリします。目の疲れに効くツボとマッサージの手順をご紹介します。

●疲れ目に効くツボと位置

疲れ目に効く8つのツボをご紹介します。記述した位置を目安に、人差し指か中指の腹でそっと押して「気持ちが良い」と感じるところを探してみましょう。

f:id:tany_tanimoto:20160803163935j:plain

<目の周りにあるツボ>

・太陽(たいよう)

眉尻(眉毛のいちばん外側)と目尻(目のいちばん外側)を結んだ線の真ん中から少し外側に寄った、こめかみのくぼみ

・睛明(せいめい)

目頭(目のいちばん内側)と鼻の付け根の間にあるくぼみ

・攅竹(さんちく)

眉頭(眉毛のいちばん内側)のすぐ下にある深いくぼみ

・魚腰(ぎょよう)

眉毛の真ん中から少しだけ下におりたところにあるくぼみ

・絲竹空(しちくくう)

眉尻(眉毛のいちばん外側)にある小さなくぼみ

・承泣(しょうきゅう)

目の中心のすぐ下側に当たる骨のふち

f:id:tany_tanimoto:20160803163944j:plain

<首にあるツボ>

・天柱(てんちゅう)

後頭部の中央に突き出た骨の下(盆のくぼ)の両脇にある太い筋肉の外側の部分

・風池(ふうち)

太陽より外側でやや上、髪の生え際のあたりで、うなじのへこんだところ

●マッサージの手順

ツボの位置がわかったら、さっそくマッサージをしてみましょう。まずは目の周りのツボ。目の疲れが取れると同時に首や肩も楽になるので、リフレッシュしたいときにもおすすめです。

・目の周りのツボマッサージ

目の周りは皮膚が薄くてデリケート。表面近くにたくさんの血管や神経が集まっているので、力を入れすぎたり、皮膚をこすったりしないように気をつけて、そっと刺激しましょう。

<お手軽1分コース>

1)人差し指か中指、あるいは両方の指を使い、「睛明」「攅竹」「魚腰」「絲竹空」「承泣」の順に5秒ずつ押します。気持ち良いと感じるくらいの強さを心がけ、指が目に触れる場合は、押しすぎないように注意。これを2セット繰り返します。

2)次に「太陽」に中指と薬指を当て、軽く押しながら円を描くように10秒ほど指を動かします。

<じっくり3分コース>

1)両方の親指を「太陽」、人差し指を「攅竹」に当て、軽く8~10回押します。

2)人差し指か中指を「睛明」に当て、軽く8~10回押します。

3)両方の親指をあごに当て、人差し指と中指を「承泣」に当てます。このままそっと8~10回押します。

4)人差し指か中指を使い、「睛明」「攅竹」「魚腰」「絲竹空」「承泣」「太陽」の順番に5秒ずつ押します。

5)最後に「太陽」に中指と薬指を当て、軽く押しながら円を描くように10秒ほど指を動かします。

・首のツボマッサージ

ご紹介する首のツボマッサージは、目の疲れのほか、肩凝りや頭痛、自律神経失調症の緩和にも効果があるといわれています。目のツボマッサージとセットでどうぞ。

1)頭をわしづかみにするようにして親指を「風池」に当てます。

2)気持ち良さを感じる程度に3秒ほどぐっと押し、3秒ほど離します。これを5~6回繰り返します。

3)次に親指を「天柱」に当てます。

4)風池と同じように押します。

疲れ目に効く「栄養素」と「食品」

疲れ目は、日頃の食事に配慮することでも予防、解消が可能です。目に良い栄養素を積極的に取って、目の健康を保ちましょう。ただし、取りすぎるとかえって体の不調を招く栄養素もありますので、バランスの良い摂取を心がけることが大切です。

●疲れ目を解消する栄養素

疲れ目を解消する栄養素について、その働きと多く含まれる食品をご紹介します。

・アントシアニン

アントシアニンは、目の神経伝達機能を改善するとされる栄養素です。植物に含まれる紫色の色素がそれ。紫色をした食べ物に多く含まれています。

<多く含む食品>

ブルーベリー・ナス・紫イモ・紫キャベツ・シソ・黒豆など

・ビタミンA

ビタミンAは、目の粘膜を保護し、夜盲症やドライアイの改善に効果があるといわれている栄養素です。動物のみに含まれている栄養素ですが、緑黄色野菜の黄色い色素であるβ-カロテンは、体内に入るとビタミンAに変換されます。油脂と組み合わせると吸収が良くなるので、油炒めなどの調理がおすすめです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。