ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LCCで気軽にフィリピンの旅はいかが? ~観光編~

2016-04-08 10.51.57_R

東南アジアの観光地と問えば台湾やタイ、シンガポールや香港が定番と言える目的地だ。
多くの人が訪問すれば団体旅行での運賃単価が下がり、さらに行きやすくなることは資本主義の摂理と言えよう。
しかしLCC(ローコストキャリア)の登場からしばらくたち、どこへ行っても大した違いはない運賃になってきている。

そこで、ジェットスタージャパンとフィリピン政府の協力を得て、マニラとその周辺を回ってきたので、交通編・観光編・宿泊編とカテゴリー別にレポートする。
フィリピンはセブ島など著名な観光地はある。しかし、治安の不安や昔からのイメージが先行し、他の定番国と比較して日本人観光客が少ないのが現状だ。
そんなこともあって、あえてフィリピンに行き、観光ガイドブックに載っていないことも含めてレポートする。

本稿は主に観光や食事に関する事項ついて記述することにする。

参考記事
LCCで気軽にフィリピンの旅はいかが? ~交通編~
https://getnews.jp/archives/1450590

2016-04-08 11.02.00_R

もはや世界中で困ったときのコンビニ。
フィリピンも例外ではない。
ところで、この国で最も多いコンビニはミニストップだという。

2016-04-08 10.56.53_R

店内では日本製のビールもちゃんと売られているのでどうしても飲みたい方は購入可能だが、フィリピンブランドのサンミゲルも結構美味いので、安いローカルビールもおススメだ。

2016-04-08 11.10.08_R

ここはフィリピンで最も重要な記念碑があるリサール公園。
名称の由来はホセ・リサールというフィリピン独立の英雄から来ている。
スペイン植民地時代に非暴力による緩やかな独立を掲げていたホセは、最終的にスペインによってこの地で処刑された。

2016-04-08 11.10.19_R

衛兵に守衛された記念碑は、全ての道はローマに通ず、日本の道はお江戸日本橋が起点になっているのと同様に、フィリピンではこの地が距離の起点になっている。
公園は広大なもので、市民の憩いの場所になっている。

2016-04-08 11.11.49_R

観光地なので、馬車が客を求めて蹄(ひづめ)の音を響かせながら走っている。

2016-04-08 11.23.08_R

サンチャゴ要塞付近はスペイン時代の建造物や街並みがそのまま残っている地域で、まるでヨーロッパに来たような錯覚を覚える。
スペイン植民地時代、短い日本統治時代を通して悲しい歴史の舞台となった場所だが、美しい街並みがせめてもの救い。

2016-04-08 11.28.57_R

城郭に囲まれた堀は静かなたたずまいを見せている。

2016-04-08 11.34.52_R

この洋館はポーランド大使館だという。日本大使館や米国大使館と比較すると何とも警備がゆるい大使館。
土産物屋が同居しているのが信じられないが、これも現実。

2016-04-08 11.36.57_R

マニラ大聖堂もスペイン時代に建てられたが、現在のものは第二次大戦後に再建されたもの。

2016-04-08 11.39.41_R

こちらはマニラで唯一の世界遺産であるサン・アグスチン教会。
世界遺産である「フィリピンのバロック様式教会群」のうちの一つで、フィリピンでは石造のもっとも古いカトリック教会。

2016-04-08 11.54.07_R

1570年代に建造され、現在でも教会として使用しているが、その豪華絢爛(けんらん)たるや目を奪われる。
写真の天井はガイドさんいわく「2D、2D!」と叫んでいたが、要するに彫刻ではなく絵画だと言いたかったようだ。
まことに見事だ。ストロボをたかなければ撮影は自由。

2016-04-08 12.23.47_R

旅行者はめったに来ないローカルのフルーツ市場は、現在新しい建物を建設中で、それまでは露店で営業しているとのこと。
外国人があまり来ないこういう場所では、色とりどりのフルーツに目を奪われて、スリやひったくりにあわないように注意したい。

2016-04-08 15.21.35_R

City of Dreams Manilaというショッピングやカジノがある複合施設内に、米ドリームワークスと開発したDREAM PLAYというアトラクション施設がある。
ドリームワークスのアトラクション施設は世界中でここだけとのことで、人気は高い。
面白いのが、完全に子供向けの施設であるため大人の入場料金の方が安いということだろう。

2016-04-08 15.34.29_R

アトラクションだけではなく、レストランや写真のようにワークショップも開催されている。
その模様の一部を動画でお伝えする。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。