ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第9回 ヘアメイクアップアーティスト/橋本申二さん

第9回 ヘアメイクアップアーティスト/橋本申二さん

 『長江哀歌』や『罪の手ざわり』など、市井の人々の暮らしを通じて、中国そのものを描き続けてきたジャ・ジャンクー監督。その最新作『山河ノスタルジア』が今週末に公開になります。1999年、2014年、2025年という3つの年代をまたいだ壮大な叙事詩である本作は、常に時代を見つめてきたジャ監督の集大成ともいえる作品です。
 ひとりの女性の過去、現在、未来を描くというテーマから、役者陣の自然な若返りや老けの表現が重要になってきますが、そんな本作で、ジャ監督のミューズとして知られる主演のチャオ・タオほか、メインの役者陣のヘアメイクを手掛けたのが、日本人ヘアメイクアップアーティスト・橋本申二さん。国内外の映画やCMなど映像作品のヘアメイクを数多く手掛ける橋本さんの仕事に迫ります。ちなみに女性のみなさん、パックはやっぱり、大事みたいです!

***

◆たるみ、くすみ&法令線……若返りはやっぱり大変です!

──主人公タオを演じたチャオ・タオさんの実年齢は30代後半(1977年生まれ)ですが、映画を観てもほんとは何歳なのだかよくわからないくらい自然でした。タオの20代から50代までを表現するにあたり、一番大変だったのはどの年代でしたか?

「若返らせるのがやっぱり一番大変でした。年齢とともに皮膚のたるみやくすみ、法令線が下がってくるようことは当然ありますが、それがわからないように肌を綺麗に若く見せていくことが大きなポイントになりました」

sanga_sub1.jpg若返りメイクを施したチャオ・タオさん(映画『山河ノスタルジア』より)

──どんなテクニックを使われたんですか?

「基本的にはパックとマッサージで保湿をしっかりすることで、肌をいい状態に持っていくことができます。また、この作品では、髪の毛を6点で引っ張って、顔をリフトアップしています。こめかみの辺りの髪の毛を少しだけ引っ張って目元をリフトアップし、襟足で顎のラインを作る、というようなことをしています」

──ゴムを使っているのですか?

「僕の場合は、日本髪に使う元結(もっとい)を使っています。ゴムだと弾力が出てバランスがとりにくくなってしまうのです。本来はまったく違う用途に使うものですが、いろいろ試してみた結果、元結にたどり着きました」

──男性陣の若返りも大変でしたか?

「リャンズー役のリャン・ジンドンは実際には40代後半です。ですから、27歳に見せてくれって言われた時には、27?と聞き返したい気持ちでした(笑)。まずは髪をしっかり刈り上げて、90年代後半の雰囲気に落とし込みました。当然、目の下のしわも深かったので、毎晩パックをしてもらいました。撮影がある日は朝もパックをして、シミそばかすを消して肌にツヤが出るように心がけました」

sanga_sub4.jpg20歳近く若返ったリャン・ジンドンさん(写真中央)がこちら。(映画『山河ノスタルジア』より)

──やはり年齢肌にはパックが重要ですか?

「特に中国は、乾燥が激しく湿度が低いですから、しっかり保湿してあげることが重要でした。気温もマイナス10度くらい、寒い日はマイナス20度にもなるので、寒さにも耐えられるよう、保湿をしてツヤのある肌を作ることを心がけましたね。中国のような気候だと、本来はオイルを使った方がいいのかもしれませんが、撮影でオイルを使うと照明に反応して光ってしまうので、オイルは使わずに仕上げていきました」

◆実は俳優の演技を大きく左右する「眉毛」という存在

──髪型やメイクには、それぞれの国における時代ごとのカルチャーが反映されていると思いますが、今回の舞台は中国。どんな風にイメージを作っていったのですか?

「相当の数の写真を見ました。それからテストメイクをして監督に実際に観てもらいましたが、思った以上に監督のイメージに近く、安心しました」

──2014年のチャオ・タオさんはすごくエレガントでしたね!

「2014年パートの頭に当たるパーティシーンでは、赤い服を着た素敵な女性として立ち上げ、父親が亡くなったシーンのあとはすべてスッピン(素顔)でいきました。99年との差を作るためでもあるのですが、2014年になった瞬間に一度綺麗なチャオ・タオを見せ、そのあとにドンと落とすことで時代感を一気に変えようと思ったんです。ただ、息子と一緒にいるシーンでは、ほんの少しだけ肌のコントロールをかけています。子どもと一緒にいる時間は少し優しい顔に見せてあげたいですから。そんなことをちょっとずつヘアメイクで仕掛けていたりします」

sanga_main.jpg橋本さんの細部にわたる匠の技を思いながら映画を観ると、なおさら感慨深く……。(映画『山河ノスタルジア』より)

──スッピンとはいえ、眉毛だけは描かれていたりするんですか?

「2014年に関しては、眉毛も描いていません。実は眉毛というのは、綺麗に整っていると感情移入しにくいものなんです。人形に近づきますからね。眉毛がぼさぼさの女の子が泣いている方が一緒に泣ける。つまり、人間臭いんですよ。日本でも実力派の女優さんたちに整えてない自然な眉毛の人が多いのは、そういう理由もあるんです」

◆脚本を読んで、ジャ・ジャンクーの本気を感じた!

──現場には62日間もいらっしゃったそうですね。

「撮影期間を通じて現場に入る場合、1〜2ヶ月というのは普通のことですが、今回の場合は最初のオファーの時点では、チャオ・タオを若返らせる1999年のパートのみで、7〜10日くらいの予定でした。でも蓋を開けてみたら、1部(99年)が終わったら2部(2014年)でも呼ばれ、3部(2025年)でも……と。どんどん増えて、最終的には62日間になっていました。こういうことは本当に稀ですし、ジャ・ジャンクーのオファーだったから受けたのだと思います」

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。