ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【目指せモテくま!応援レポート】英・中・韓の3か国語がスマートに分かるべあ! キングジムの『イミシル』製品レビュー(くまライター・がんばんべあ)

imisiru_bear1

こんにちは、僕の名前は“がんばんべあ”。世の中の人やモノゴトへの応援ソングを歌う、くまミュージシャン。このたび、世界初!? のくまライターとしてデビューしたべあ。記事では、自分が応援している新商品をレビューしていくべあ。ちなみに僕は、女子にキャーキャー言われたいから、使ったらモテそうなモノやサービスを応援したいんだべあ!

imisiru_bear2

今回ご紹介するのは、キングジムから4月22日に発売されるワードリーダー『イミシル』。この製品は、分からない外国語をカメラで読み取ると、何とその単語の意味を知ることができる、まさにその名の通りの機能を持ったスグレモノ! これは、女子の前でさりげなく使ったら……絶対モテるべあ! 早速使ってみるべあ!

imisiru_bear3 imisiru_bear4

まず、本体デザインは、つや消しのブルーと光沢感のあるオレンジで構成されていて、オシャレ! 背面にはカメラレンズと照明用LEDが付いている。

imisiru_bear5

ディスプレー面には8コのボタン。ポケットサイズで持ち運びに便利なのに、ボタンも割と大きめで、僕の手でも使えるべあ♪

imisiru_bear6

電池は単4型乾電池2本で駆動。充電環境がなくても使えて、お手軽だべあ!

imisiru_bear7

まず韓国料理と中国料理のメニューを使って、わからない単語を読み取ってみるべあ! 『イミシル』で読み取れる言語は、日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)の5種類。なんと9つの辞書が搭載されているべあ! ネット接続も不要だからどこで使っても安心。

imisiru_bear8

最初に、韓国料理屋のメニューを読み取ってみるべあ。もし韓国旅行に行って、入ったお店のメニューが韓国語だけで書かれていると、どうしていいかわからないべあ。

imisiru_bear9 imisiru_bear10 imisiru_bear11

こんな時は、『イミシル』の電源ボタンをオンして、言語を選び、あとは知りたい単語を画面のガイド内に合わせて、読み取りボタンを押すだけ!

imisiru_bear12 imisiru_bear13

出た。読み取ってから2~3秒で翻訳が出たべあ。これは、牛カルビ焼肉!? 食べたいべあ。早速注文するべあ! これは何? あ、生ビール!? 頼むに決まってるべあ! これは、楽しくて注文しすぎないように注意が必要だべあ!

imisiru_bear14 imisiru_bear15 imisiru_bear16 imisiru_bear17
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。