ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KodakのSNSは一味違う!?“ストーリーテリング”のための新アプリが登場

kodak

「コダック(Kodak)」といえば、世界最大の写真用品メーカー。フィルムカメラを持っていた世代の人であれば、親しみがあるのではないだろうか。

英語では“Kodak moment”というフレーズもあり、「写真に収める価値のある瞬間」「シャッターチャンス」といった意味になるようだ。

誰もがスマートフォンで撮影した写真をSNSにアップする現在にあっても、このフレーズはよく使われているという。そんななかKodakはこの言葉をもう一度取り戻すべく、写真の保存・シェアをするためのソーシャルアプリ「KODAK MOMENTS」を公開した。

・シンプルで洗練されたレイアウト

写真を保存したり、SNS上でシェアしたりするアプリといえば、InstagramやFacebookなど定番の方法はいくつもある。
kodak

Kodak momentがそうした先行するアプリと違う点は、シンプルな“ストーリーテリング”に特化した機能だという。

ユーザーはアップした写真に、ストーリーを説明するキャプションをつけることができる。「Medium」のような洗練されたUIが特徴だ。

・写真の背景にある物語をつづる

ユーザーはデバイスのカメラロールはもちろん、Instagram、Dropboxといったサービスからも写真をアップロード可能。

友人や家族に知ってほしい、写真の背景にある自分の物語や、その瞬間の描写を書き込むことができるそう。

Kodak MomentsはiOSに対応しており、現在のところアメリカで無料ダウンロードが可能。今後ヨーロッパをはじめ対象地域が拡大していくということだ。

日本国内で利用できるようになれば、ぜひ一度試してみたいところだ。

Kodak moment

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。