ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【画像多数】企画展『GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~』で遊び倒してきた

GAME ON

日本科学未来館にて2016年3月2日(水)から開催の企画展『GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~』の内覧会に参加してきたので、その様子をレポートいたします。

『GAME ON』とは?

ゲームオン画像

『GAME ON』は2002年にイギリスで開催された世界のテレビゲームの進化を一望できる展覧会です。その後オランダ、フィンランド、アメリカ、台湾、カナダなどで開催され、200万人の参加者を魅了してきました。今回日本では初開催になります。

『GAME ON』の見どころは?

『GAME ON』の素晴らしいところは、単に世界中のテレビゲームのソフトやハードを並べているだけでなく、それらが実際にプレイ可能という点でしょう。今回は135点の展示作品のうち、なんと133点がプレイアブルになっています。
また、テレビゲーム初期の作品・ハードから最新作まで幅広く取りそろえてあるので、今はもう手に入りにくい・ハードが見つからないくらい古いゲームもプレイ可能な点も見逃せません。
単なる展示会ではなく、ゲームの歴史と未来を遊んで体感できる場だと言っていいでしょう。

さっそくゲームスタート!

GAME ON

写真右端の入り口から入っていきます。

入り口

なんだか見覚えがあるボタンがたくさんある通路を進んでいきます。すでにこの辺りからピコピコ音が響いています。

STAGE1

展示会会場に入ると”STAGE1″というパネルが。この展示会では”STAGE1 プレイの誕生” “STAGE2 ゲームセンターでプレイ” “STAGE3 いろいろプレイ” ……などなど、各テーマのステージをクリアして進んでいく形式になっています。全8ステージ構成です。『スーパーマリオブラザーズ』みたいですね。
なお、前のステージに戻ることも自由にできるのでご安心ください。

STAGE1 プレイの誕生 コンピューターが生んだエンターテインメント

会場内

会場内はこういった感じで、所狭しとゲーム機が並べられています。まさにゲームの博覧会。ほぼすべてプレイ可能なので、空いていたら迷わずプレイしてみましょう。
もちろんですが、後ろで待っている人がいたら連コインはマナー違反ですよ。譲ってあげましょう。

PON

世界で初めてヒットしたテレビゲームと言われる『PONG』(1972)。システムを再現したコントローラーとプロジェクタ投影の画面により、プレイ環境を再現しています。実機は写真左のものです。
ゲームの歴史をひも解くと必ず出てくる作品なので、実物を見られて感動しました。

STAGE2 ゲームセンターでプレイ アーケードゲーム

スト2

“STAGE2″で見かけた『ストリートファイター2』(1991)。記者も久しぶりにプレイしてみました。リュウで挑んで、ダルシムを倒して春麗に負けました。
未だに飛び込み大キックアッパー波動拳を無意識に入れられてびっくりしました。当時、体で覚えるくらいプレイしていたのか……。

バーチャ

他にも『バーチャファイター』(1993)や、

ドンキーコング

『ドンキーコング』(1981)など、いろんなアーケードゲームが並んでいました。

アフターバーナー

著者が幼い頃の憧れだった『アフターバーナー』(1987)。当時は憧れつつも1回もプレイできなかったので、今回ドキドキ初プレイです。
椅子に座って中央のレバーを握り、画面中の戦闘機を操作して空中戦を行うゲームなのですが、この椅子がプレイ中レバーを倒した方向へ右に左にぐわんぐわん揺れます。遊園地のアトラクション+ゲームという感じです。
一方、ゲームとしては敵機をロックオンし、誘導ミサイルを発射、画面奥に逃げていく敵に命中、撃墜! を繰り返していくかなり爽快なものでした。あー面白かった。

ハングオン

隣にあった『ハングオン』(1985)は、実際にバイクにまたがってゲーム中のバイクを操縦するレースゲームですが、操作はコントローラーではなくバイクを傾けて行います。なのでこれも当然ぐわんぐわん揺れることになります。すごく難しかったですが、乗りこなせたら爽快だろうなあと思いました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy