ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

焼肉に『バニラシェイク』って最高じゃね? @『焼肉はせ川』小田急相模原

16hase-1a051_R

焼肉屋さんと言えば、焼肉&ビール、もしくは焼肉&白飯かと存じます。

しかし!

世の中には型にハマらない自由奔放な焼肉屋さんも存在します。今回はそんなフリーダムな焼肉屋さんのドリンクを紹介してみましょう。

『自家製ジンジャーエール』で乾杯!

16hase-1a021_R

オダサガのラスボス『焼肉はせ川』は微妙な立地にあるので、車で訪れる事もあります。そうなると焼肉の醍醐味である”ビール&肉”と言う黄金パターンが封印されてしまいます。

無論、運転代行を利用すると言う手段もあるのですが、せっかくコスパに優れた店に訪れたのに、余計な出費がかさむのも微妙で御座います。

そんな貴方に朗報です。

この『焼肉はせ川』には『自家製ジンジャーエール』と言う神の飲み物があるのです。

市販のジンジャーエールよりも、さらに辛口で喉への刺激が半端ない鮮烈な一杯は、ビールよりも焼肉に合うのです。

またビールと違いお腹に貯まりにくく、生姜の漢方効果もあるので翌朝も胃もたれしないと言うメリットもあり、真のハセラーは『自家製ジンジャーエール』を必ず一杯は飲むようにしています。

『バニラシェイク』で乾杯!!

16hase-1a049_R

さらに上級者の”ハセリスト”になると、最初の乾杯は『バニラシェイク』(大ジョッキ)でキメます。

「焼肉に甘いドリンクなど合う訳がない!」

そう思っていた時期が筆者にもありました……。

しかし!

中途半端な甘さではない、徹底的にド甘いシェイク系は何気に焼肉にフィットするのです。

コレばっかりは経験して頂かないと永遠に理解出来ない”絶対領域”なのですが、この『バニラシェイク』と極上国産和牛の組み合わせを知ってしまうと、もう他のドリンクには戻れません。

16hase-1a050_R

あと最初の乾杯を”大ジョッキ”でガツンと威嚇する事で、ハセ通である事をアピール出来るメリットもあります。

個々に好き勝手にオーダーすると、とんでもない事態に陥るので、誰がボスであるのかを最初に知らしめる必要があるのです。

なお、『バニラシェイク』と『バナナシェイク』は、ほぼほぼ裏メニューなので忙しい時はオーダー出来ないので、店の雰囲気を見てオーダーしましょう。

大人の焼肉は『本わさび』か『辛味大根』が定番!

16hase-1a054_R

『焼肉はせ川』の美味しい国産和牛を堪能するには、『本わさび』か『辛味大根』がよろしいかと存じます。

極上の和牛から滴る脂は最高に美味しいのですが、あまり連続で食べると舌が脂に馴れてしまいます。

そこでワンクッション他の”赤身系”である『馬刺し』や、脂の少ない『ハラミ』を食べるのも良いのですが、それはそれで腹に貯まってしまいます。

『焼肉はせ川』において焼肉は、あくまでも”前菜”なので後半への余力を残しておかなければなりません。

16hase-1a062_R

そこで『本わさび』や『辛味大根』の出番で御座います。

肉の脂を切ってくれるので、再び最初の一口目の感動が蘇るのです。美味しい肉を美味しく食べる為には、食べ手側の工夫も必要と言う事でしょうか?

ちなみに『本わさび』の刺激は脂と混ざると消えるので、意外と苦手な人でも大丈夫です。

「燃やしちゃ駄目! ゼッタイ!!」

16hase-1a055_R

あと『焼肉はせ川』に限らず言える事なのですが、肉を燃やすのはタブーです。

16hase-1a056_R

美味しい肉が黒焦げになってゴミと化すのも耐え難い事ですが、炎が上がるほど燃やして煙りを出すと周囲に迷惑が掛かります。

16hase-1a060_R

無論、わざと煙を出しているわけではないのでしょうが、店内に煙りを充満させるのは迷惑行為以外の何者でもないので控えて下さい。

「肉を乗せ過ぎない」

16hase-1a058_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy