ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【あの頃に、さよならを】コギャルメイクから抜け出せない30代女性のためのメイクレッスン

【あの頃に、さよならを】コギャルメイクから抜け出せない30代女性のためのメイクレッスン

テレビで見かけた芸能人や久しぶりに同窓会で会った同級生を見て、「あれ、老けた?」と思うこと、ありませんか? けれど、なぜか自分だけは年齢を取っていないように錯覚する、もしくは必死の抵抗を続ける…それが30代女性の切なさです。

無論、私たちの望みとは裏腹に、肌は着々と黄ばんでいき、毛穴はきれいな円形から卵が潰れたような楕円形に、目元はくぼんで影を落とし、ぷりんぷりんだった唇も次第にボリュームを失っていき、最後はしわしわの梅干し状態に。それが誰もに平等にやってくる「老い」というものです。

30代からのメイクアップレッスンを主宰する美キャリア・ラボの平井聡子さんによると、30代女性の中には、青春時代に覚えた「アムラーメイク」や「コギャルメイク」から抜け出せず、その結果、かえって余計に老けて見えてしまっているひとが少なくないそう。

細眉、厚塗り、キラキラアイシャドウ…「なんか、変!」「なんか、昔と違う!」とわかっているけどやめられない貴女のために、NGメイク例とその解決法を分析します。

f:id:w_yuko:20160212172157j:plain

平井聡子さん

30代、40代から絶大な支持を得ている美眉が得意なメイクアップアーティスト。これまでに15,000名以上のメイクアップアドバイス経験がある。P&Gマックスファクター化粧品に在籍中、2600名が参加した「BCメイクアップコンテスト」で優勝。P&Gアワード受賞(優秀社員賞)。現在はフリーで活動中。化粧品や美容ツールのプロデュースやコンサルティング、ビューティーコラム執筆など幅広く活動している。

NGメイク1 細眉を死守するばかりに、つり眉、もしくは麻呂だ

90年代、アムラーメイク、コギャルメイクの象徴ともいえたのが細いつり眉でした。厚底サンダルを履きながら渋谷センター街を闊歩した世代にとって、眉毛を剃刀で剃ったり、痛みをこらえながら毛抜きで抜いたりと、細眉は当たり前、バブル時代を匂わせる太眉は「ダサい」メイクの象徴でした。しかし、今は「自然な太眉」が主流です。眉が細すぎると、顔が大きく見えるのと、つり眉にするときつい印象を与えてしまうため、ビジネスシーンでは不向きです。

f:id:tany_tanimoto:20160212180849j:plain

眉は「顔の額縁」と言われており、細眉にするよりは、ある程度太い眉の方が顔全体の骨格をきれいに見せることができます。眉がもともと細いひとでも、パウダーを使い、毛と毛の隙間をトントントンと置くように影をつけていくと、やさしくナチュラルな印象の太眉が作れます。パーティー用でモードな服を着るならグレー系もよいですが、ビジネスシーンでやわらかな印象を与えたいなら、ブラウンを選びましょう。パウダーを塗ってから、最後に眉尻だけペンシルで仕上げると、失敗しません。

NGメイク2 お目目パッチリを目論むあまり、上まぶたひじき

「コギャル」、「ヤマンバ」、「ガングロ」といった言葉が流行った時代に爆売れしたのが、黒筆タイプのアイライナー。上にも、下にもたっぷり塗って、少女マンガに出てくるような顔面半分デカ目メイクが大流行しました。

しかし、筆タイプのアイライナーを使うのは難易度が高く、まぶたと目のキワの間に隙間ができて目を大きく見せることに失敗したり、逆に太く描きすぎてひじきがまぶたに乗っかっていたりするだけのような印象を与えてしまいます。

f:id:tany_tanimoto:20160212181228j:plain

まず、「アイライナーを必ず使わなければならない」という固定概念を捨てることが大事。朝が忙しく、メイクする時間がないひとやアイライナーを塗るのが苦手なひとは、アイライナーはむしろ省略して、そのぶんマスカラをきれいに塗ることだけに注力してみましょう。もし、アイライナーを使うなら、目のキワと瞼の間にできてしまった隙間は、横に重ね塗りをするのではなく、点で隙間を埋めて修正するようにするときれいな仕上がりに。顔の凹凸がくっきりしているひとは、筆タイプのアイライナーの代わりにアイシャドウを使うと、やわらかな印象になります。

NGメイク3 マスカラでボリュームUPするつもりが、まつげが玉突き事故状態

目力アップに欠かせないマスカラ。ボリュームUPやロングなど、機能性の高いマスカラが次々と誕生したのも90年代です。その後、つけまつげやまつエクなど、女性たちのまつげ信仰は着々と進化を遂げてきました。しかし、よくよく顔を近づけてみると、ボロボロに抜けたハゲタカ状態のまつエクに、無理やりマスカラを重ね塗りしすぎで、見るも無残な玉突き状態のまつげになっているひとも少なくありません。きれいになるためのメイクなのに、逆に不潔っぽく見えてしまっているのはなぜ?

f:id:tany_tanimoto:20160212181029j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。