ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Xperia ray ST18i」開封の儀

Sony Ericsson Xperia ray ST18iを入手したので早速開封の儀を執り行います。

Xperia rayは3.3インチFWVGAディスプレイ、横幅53mm、厚さ9.4mm、重さ100gというコンパクトでスリム、軽量なボディが特徴のAndroidスマートフォン。Xperia miniなど、QVGA~HVGA解像度でコンパクトな端末はこれまでにもありましたが、FWVGA解像度でしかもコンパクトな端末というのはXperiaスマートフォンの中ではおそらくXperia rayが初。

スペックは3.3インチFWVGAの液晶ディスプレイ、モバイルBRAVIAエンジン、MSM8255 1GHz、512MBのRAM、背面に810万画素のExmor R、前面に30万画素のCMOSカメラを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、DLNA、ANT+通信、クアッドバンドGSM、デュアルバンドWCDMA、HSDPA 7.2Mbps対応。OSはAndroid 2.3.3(Gingerbread)。今回入手したのは、国内では発売されていないブラックカラーです。価格は$419程度。

早速開封します。パッケージの形状は国内版とは異なりますが、内容はほぼ同じです。

同梱品はXperia ray本体、1,500mAhのリチウムイオンバッテリ、L型コネクタのマイクロUSBケーブル、ブラックカラーのヘッドセット、取扱説明書類です。国内版に試供品提供されるマイクロSDカードは8GBですが、国際版のは4GBです。

”コンパクトなXperia”と言われているXperia ray、実際に手に持つと”ちっせぇー”と言ってしまうほどコンパクトでした。持った感じで比べると、3.7インチFWVGA解像度のXperia neoより2回りほど小さい感じ。例えるなら、都こんぶ、チョコボールの箱を持っている感じ。握れます。

Xperia rayはコンパクトながらもXperia arcとほぼ同じスペックという点が魅力なのですが、それ以外、ディスプレイの屋外での見やすさも評価したいですね。というのも、今まで使用した2011年Xperiaスマートフォンの中では一番屋外でも見やすかったからです。他の端末と輝度を100%で比べてみました。撮影時刻は午後2時半。天気は晴れで見え方は次のような感じです。

左からXperia neo、Xperia ray、Galaxy S II、世界最高輝度700カンデラのNOVAディスプレイを搭載したOptimus Black。Optimus Blackにはアンチグレアフィルムを張っているので見え方はフィルムなしの状態とは異なりますが、それでもOptimus Blackに見やすさであることが分かると思います。外でも見やすいXperia rayは屋外での使用にもってこいのスマートフォンと思います。経験としては輝度75%に落としても屋外で見やすいと思います。

ブラックカラーの背面パネルはつや消しブラック。国内版ピンクは光沢仕様でツルツルしていますが、ブラックはソフトタッチでツルツルしていないことから、手の中ですべることはありません。

背面には810万画素のExmor R、LEDフラッシュ、スタンダードサイズのSIMスロット、マイクロSDカードスロット(4GBのマイクロSDHCが同梱)。

手に持つとこんな感じ。3.3インチというディスプレイサイズながらもFWVGAという解像度なので、UIおよびコンテンツは少々見づらいのではないかと予想していましたが、意外にそんなことありませんでした。動作面では、Xperia arcと基本的に同じスペックということもあり、デュアルコア端末ほどではないものの、全体的に滑らかだと思いました。

1 2 3次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。