ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【孫正義氏も認めたプレゼン術】前田鎌利さん直伝!プレゼンテクニックでキャリアを切り開け!

【孫正義氏も認めたプレゼン術】前田鎌利さん直伝!プレゼンテクニックでキャリアを切り開け! f:id:tany_tanimoto:20160201150238j:plain

あなたのアイデアは、ちゃんと上司に伝わっていますか? 気合いを入れて、ときには徹夜までして仕上げた企画書なのに社内稟議が通らない……そんな悔しい思いをしていませんか?

社内プレゼンのテクニックはキャリアアップに直結する

そう断言するのは、その名もズバリの著書『社内プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社)が発売1カ月で3万部を超えるベストセラーとなった前田鎌利さん。プレゼンクリエイターとして、そして書家として活動する前田さんは、ソフトバンク在籍時にあの孫正義社長(当時)のプレゼン資料作成を担当していたという経歴の持ち主です。

プレゼンテクニックを認められ、日本を代表する大手企業の中枢で活躍した前田さんは、どのようなキャリアを歩んできたのか。そして上司や経営トップの首を縦に振らせるプレゼンテクニックの意義とは――? ご本人にお話を伺いました。

営業職で培った“つかみ”の技術がきっかけ

f:id:tany_tanimoto:20160201150401j:plain

大学を卒業し、光通信に入社しました。まだPHSが移動体通信の主流だった1990年代半ば、法人向けに携帯電話を売る営業職として配属されたのです。営業方法は主に飛び込みで、毎日100件ほどの企業を回っていました。

当時はまだ携帯電話も高価で、ごく限られたひとしか持っていませんでしたから、「こいつなら話を聞いてやろう」と思ってもらえるまで関係性を築くことが第一。とてもハードな営業でした。訪問先の担当者と仲良くなるためにその会社をすみずみまで観察して、会話の「つかみ」を見つける習慣ができました。「エントランスのお花がきれいですね」とか、そういった類いのことです。

今にして思えば、この頃の経験が僕のプレゼン術の基礎になっているんです。いかに相手の心を「つかむ」か。社内プレゼンの相手は上司であり、社内決裁者であり、ときには経営者の場合もあると思いますが、忙しい相手の立場に合わせて会話をすることがすべての基本だと思っています。

プレゼンの前に大切な「ホウレンソウ」の技術

常日頃、ビジネスの現場で相手の立場に合わせるということを意識するのは、案外難しい。たとえば「ホウレンソウ」。報告、連絡、相談はビジネスの基本ですが、「ホウレンソウが苦手」という人も多いのではないでしょうか。「報告したつもりなのに伝わっていない」とか、「なかなか相談に乗ってもらえない」とか。

ホウレンソウが上手になれば、社内プレゼンの精度も上がります。ポイントは、上司のタイプを見極めること。参考として「ハーマンモデル」をご紹介しましょう。大脳生理学の研究成果をもとに、GEの能力開発センター所長であったネッド・ハーマンが開発した人間の思考・行動特性モデルで、「論理型」「堅実型」「独創型」「感覚型」の4つに分類しています。

論理型…ロジックや、データなどの客観的な事実を重視するタイプ。 堅実型…計画性や実現可能性、実行する際のプロセスを重視するタイプ。 独創型…イノベーティブな新しい提案を好み、ビジョンやストーリーを重視するタイプ。 感覚型…人間関係や他部署との関係、コミュニケーションを重視するタイプ。

こうしたフレームを知っておくことで、上司の思考・行動特性に合わせたホウレンソウができるようになるでしょう。論理型の上司に対してはこまかな数字の間違いもアウトです。堅実型なら明確なスケジュール感を持って話をするべき。独創型の上司にはまず話の全体像を把握してもらえるように結論から伝える。感覚型であれば他の関係者のコンセンサスを得た上で相談を持ちかければうまく進むかもしれません。

この考え方は社内プレゼンを成功させる上でも大切です。もちろんすべての人を上記の通りに分類できるわけではありませんが、相手のタイプを考える上での参考にはなるはず。上司や社内決裁者をよく知る先輩や同僚に、「どんなタイプの人なのか」を事前に聞いておくと手っ取り早いかもしれませんね。

「3分で伝え、承認を得る」ための資料作りを考え抜く

f:id:tany_tanimoto:20160201150550j:plain

僕自身は、もともとプレゼンが得意なほうではありませんでした。光通信からJ-フォンに移り、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル(現ソフトバンク)と移動体通信事業に携わる中で経営戦略を練るような仕事にも関わるようになりましたが、始めの頃は自己流で作っていたプレゼン資料を上司に何度も却下され、再提案を求められるなど、苦労の連続でした。一度却下されると再提案の機会まで1カ月のブランクが空いてしまうことも。それで、プレゼン資料の作り方を徹底的に考え抜くようになったんです。

経営トップである孫さんの意思決定はとにかく早くて、次々と課題が下りてきます。会議で社内プレゼンをする際に与えられる時間は3~5分。そんな環境だったので、「短時間でいかにしてプレゼン内容を効果的に伝え、承認を得るか」ということに知恵を絞りましたね。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy