ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネスプレッソのテイスティング“試験”『ゴールド カプセル コンテスト2015』を体験してきた結果

IMG_2123_f2

11月29日(日)、11月30日(月)の2日間『ネスプレッソ ゴールド カプセル コンテスト2015』が東京ミッドタウン“ボタニカ”にて開催されました。

『ゴールド カプセル コンテスト』は、そもそも「『ネスプレッソ』の社員のコーヒーテイスティングの質を高めること」を目的とした、伝統的な社内コンテストだったそう。日本ではこのコンテストを一般参加型として、世界に先駆け去年から実施しているのです。

IMG_1974_f2

参加定員は各回20名ずつ、合計10回。コンテスト公式ページから応募し当選した人だけが出場可能となっています。今年度は2日間でおよそ200名が参加。夫婦で参加された方や福岡県からいらした方などもいらっしゃったそうです。

web

この『ゴールド カプセル コンテスト』の優勝者には「Nespresso Connoisseur(ネスプレッソ コノサー)」の称号、ならびに特製の『スペシャルテイスティングボックス』、刻印入り『リヴィールグラス』が授与されるそうです。優勝者は『ゴールド カプセル コンテスト』の公式ウェブサイトで昨日発表されました。
※コノサー:目利き、鑑定家

今回はコンテスト開催前に、本番と同様の“試験”が受けられると聞き、ガジェット通信も会場で実際に体験してみました。

プレスイベントでは川崎フロンターレの中村憲剛選手がチャレンジ

IMG_1945_f2 IMG_1967_f2

まずは、実際にどんなふうにテイスティングが行われるか実演されるというプレスイベントに参加。プレスイベントでは、川崎フロンターレの中村憲剛選手、そしてソムリエの大越基裕さんが登場しました。

IMG_2018_f2

中村選手は日常的に色々な場面でコーヒーをたしなむ大のコーヒー好きとのことですが、こうしたテイスティングはもちろん初めてとのこと。「(得意分野じゃない分)試合の時よりも緊張しますね」と語りました。

IMG_1992_f2

大越さんによれば、テイスティングは泡(クレマ)のきめ細かさや飲む前の風味、口に含んだ時のハーモニー、余韻に残る味わいなど、段階的に判断するとのこと。判断要素としては、香りの種類や苦み、酸味、焙煎、コクなど多角的に判断することが必要なようです。

IMG_1988_f2

ちなみに例示された『エスプレッソ』4種だけでも、こんなに違うのです。

リヴァント:まろやかさと調和 カラメルのような香りと焙煎香
カプリチオ:風味豊かで独特 力強い穀物のような香り かすかな酸味
ヴォリュート:甘くて軽やか 甘いビスケットのような香り フルーティーな香り
コズイー:マイルドでほど良い焙煎 軽くトーストされた穀物のような香り かすかに感じられるフルーティーな香り

味わい・香りを言語化したときにこれだけの違いはありますが、これを感じ取れるかどうかはまた別の話。苦戦する中村選手の姿が印象的でしたが……果たして正答率は50%と健闘! 『ルンゴ』は正答でしたが『エスプレッソ』の難易度が高かったようです。

IMG_2031_f2

聞くところによれば、今年の問題は去年より難しくなっているそうです。うううむ。

実際にチャレンジ 味の違いがわかるか?

IMG_2089_f2 IMG_2063_f2
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy