ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナイキからランニングビギナーのためのガイド『Ready, Set, Go』が発表。

ReadySetGo_2_native_600 resize1

これまでもランニングに特化したプロダクトやコンテンツを次々と発表してきたNIKE(ナイキ)から、ランニング入門者用究極ガイド『Ready, Set, Go』が発表となった。

1966年、ナイキの共同創立者であるビル・バウワーマンは、誰もが始めやすい運動習慣としてランニングを紹介するハウツー本「Jogging (ジョギング)」を共同執筆し、読者の多くに影響を与えた。それから 50 年足らずの間に、「Jogging」が伝えた知識が揺らぐことなく、それに影響を受けた人は増え、ランニングの形は進化している。そこで、ナイキはランニングを始めるための究極のガイド『Ready, Set, Go』(位置について、用意、ドン)を製作。
ビル・バウワーマンのメッセージをインスピレーションに、現代的かつ手軽で楽しく読めるこの読み物には、ランニングウェア、食事、ランニングの計画と記録、そしてリカバリー(回復)に至るまでの、ランニングに関する基本知識が網羅されている。
NIKE+ RUN CLUB グローバルヘッドコーチのクリス・ベネットは「私たちはランナーになるべく生まれてきたのです。いつも楽に走れるわけではありません。シューズさえ履きたくないと思う日もあるでしょう。その一方、走っている自分が空を飛んでいるようにも感じる日もあるはずです」 と話す。
『Ready, Set, Go』は、コーチ ベネットが NIKE+ RUN CLUB のライブセッションとして開始し、現在でも実施している10回のランニングを通して徐々に能力を高めていくプログラムを元に作られている。この実際に行われてきたプログラムは、一定の期間にランナーが初めてのランニングから自己最速のランニングを経験するまでの上達を進めるものだが、その 10回のランが終わってもランニングが終わるわけではない。このガイドには今後も NIKE+ RUN CLUB メンバーとして走り続けたくなる理由が全て揃っており、また、NIKE+ RUNNING アプリを使えば自分の進歩を確認したり、上達を記録したりすることも可能だ。

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy