ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もともと『ポケットモンスター』は『カプセルモンスター』というタイトルだった

game159

世界中で人気を博しているゲームソフト『ポケットモンスター』。日本のみならず、北米や欧州の子どもたちにも人気のあるゲームです。かわいらしいモンスター、かっこいいモンスター、ユニークなモンスター、あらゆるモンスターが登場するのも人気の秘密です。

そんな『ポケットモンスター』ですが、実は開発当初『カプセルモンスター』というタイトルだったのをご存知ですか? ゲームクリエイターの田尻智さんは企画時に『カプセルモンスター』というタイトルでゲーム内容を練っていました。しかし……。

『カプセルモンスター』はすでに商標登録されており使えなかったらしいのです。そもそも、『カプセルモンスター』を略したときに「カプモン」となるため、非常に言いにくいことも判明しました。それらの理由もあって最終的に『ポケットモンスター』になったわけですね。

仲間にしたモンスターを友だちと交換することができるシステムは、『ポケットモンスター』が登場した当時は非常に画期的なものでした。1996年2月27日に『ポケットモンスター 赤・緑』が発売されてから約15年が経ちました。そして今も愛されている『ポケットモンスター』。これからも世界中のゲームプレイヤーを楽しませてほしいものですね。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。