ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飯テロ自爆!? これまで食べてきたカレーをまとめてみた

osakar-1_R

なんとなく”俺ん中でマイブーム”なカレーを、どこぞの”まとめサイト”で勝手にまとめられる前にまとめてみました。

結果、写真を編集している途中で腹が減ると言う”自爆飯テロ”になった件の是非……あると思います。

若干、取材に行かない手抜き記事な感は否めませんが、サクっと美味しいカレーの数々を知ると言う意味で、ある程度の需要はあると思った次第で御座います。

なお、全ての店の営業時間や定休日を書くのは面倒なので、そこら辺は『ガジェット通信』の過去記事を参照する方向でお願いします。

『おさ』ハンバーグカリー大盛り

osakar-2_R

オダサガ(小田急相模原)の名店『おさ』が誇る『ハンバーグカリー』がコチラで御座います。

『おさ』の看板メニューであるハンバーグが、ドーンと乗った一品はボリューム満点!

osakar-4_R

カレーもハンバーグもガチに美味いし、気になるお値段は”900円”と激安なので、ハンバーグマニアもカレーマニアも全力で『おさ』に駆け込んで下さい。(営業時間に要注意Death!)

『おさ』帆立貝フライカリー大盛り

osa-ho2_R

カレー部門で堂々のワンツーフィニッシュですが、食べて頂ければ納得してもらえると思います。

特にホタテは貝柱だけではなく、ホタテを丸ごとフライにしているので、ホタテの旨さが半端ありません。

osa-ho4_R

こちらのメニューは大盛りプラス200円にしても、合計1100円とコスパに関しても抜群です。

『洋食カトー』カツカリー

kato-1_R

あの新宿『中村屋』のDNAを受け継ぐ名店で、店の外観や内装がネタにされがちな”きたなナシュラン三つ星”の店ですが、そのカレーの味はガチです。

しかもカレーは結構な辛さで、店の外観からマイルドなカレーを想像して行くと秒殺されるので要注意です。

『おさ』カツカリー

osa-katu11_R

同じカレーのルーを使っているのに、鼻ひとつの差で『洋食カトー』に持ってかれた『おさ』のカツカリーですが、その実力差は紙一重です。

むしろ、お前はどんだけ『おさ』が好きなんだって話ですが、私情も含めて評価するのが筆者ですので御了承下さい。

ヒレ肉を使った贅沢なカツカリーは『おさ』マニアなら必食で御座います。

『長岡屋』カレー丼

naga-cur1_R

八王子の双璧と呼ばれた『長岡屋』のデカ盛り具合は有名ですが、何気に通は『カレー丼』にも注目しています。

普通のカレーと違い和風出汁の効いた”和”なカレーは懐かしく優しい味で、この味は出汁のプロフェッショナルである蕎麦屋にしか出せない味と言えるでしょう。

なので、筆者的には時々無性に食べたくなるカレーなのです。

『焼肉はせ川』本日のカレー

hase9-23

まず焼肉屋のカレーがランクインしている時点で謎ですが、店主の作る本格的なカレーは全てが規格外です。

このボリュームで1人前、すなわち650円で御座います。

hase9-19

ライスは5種類、ナンっぽい奴も4種類でカレーは8種類!

焼肉屋と言うジャンルに囚われない”アルティメット焼肉スタイル”を貫く『焼肉はせ川』から目が離せません。

『ニューライト』セイロンカツ

newlight-1_R

まず『ニューライト』のセイロンライスを「カレーとするか否か?」の賛否は否めませんが、筆者の中ではカレーとか混ぜカレーとかのジャンルで心の引き出しに仕舞ってあります。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy