『アントマン』監督ペイトン・リードと主演ポール・ラッドインタビュー 「そのスーツ最高にイカしてるね! ちょっと写真撮らせて」

access_time create folderガジェ通 映画
IMG_1196_f

ある日、会社に『アントマン』風な謎のスーツが送られてきた。そんな謎のスーツをまとったガジェ通wosa記者は突如、謎のヒーロー“オサダマン”に変身。謎だらけのまま、異常な座高の高さと162cmの身長を駆使して、大阪の小さなヒーロー“めだかマン”池乃めだか師匠と相まみえた。
(※前回までのあらすじ)

IMG_1779_f1 IMG_1779_f2

『アントマン』大ヒット中! 謎のヒーロー“オサダマン”誕生と活躍の軌跡
https://getnews.jp/archives/1154633

IMG_2254_f

今回はなんと!監督と主役だ。本物だぞ、いいのか?

映画『アントマン』は2015年9月19日に公開。シルバーウィークでは5日間で39万人を動員し洋画No.1のオープニング成績を記録する大ヒットとなっている。もちろん、記事執筆現在も絶賛上映中だ。

そんなMARVEL最新作を手掛けた監督ペイトン・リード、そして主役アントマンを演じたポール・ラッドが来日したという情報を聞きつけた。

それはまさしく本物の“アントマン”たち。この機会を逃す手は無い。“オサダマン”は直接、そして色々と質問すべく現地へと向かった。次回作の出演交渉をも辞さない覚悟だ。

いた! 本物のポール・ラッドだ。え、歳、2つ違い?

険しい顔の大人たちをすり抜け、なんとか高級ホテルの一室にもぐりこんだ。居る! 目の前にポール・ラッド本人が居るぞ。なんだかみんなの視線がグイグイとスーツに食い込んでくるが気にしないことにした。インタビュー決行だ。ここまで来たからには強気で行くぞ。

IMG_1154_f

―― やあ! どうもこんにちは。 『アントマン』観ましたよ。僕はオサダマンです。

ポール・ラッド(以下ポール):(ニコニコしながらスーツを見て)わあ!超イケてる! (アントマンと)全く一緒じゃん!(笑)これ自分で作ったの?(ニコニコしながらこちらを見つめる)

―― い、いえ、気づいたら会社に置いてありまして。

ポール:あははは。それも僕と一緒だ。(笑)

IMG_1162_f

―― (やっべ。すごくカッコいいぞ……。)え、ええと、映画、ものすごく面白かったです! あの、ですね、主人公スコット・ラング(アントマン)は正義感も強く愛情も深いのになかなか周囲に認めてもらえず、葛藤を抱えていたように感じました。演じるにあたって、気を配ったポイントを教えてください。

ポール:観ている人たちには「スコットが娘をどのくらい愛しているのか」を感じてほしかったんだ。それをみんなが信じてくれれば彼の“間違ったこと”を許してくれるんじゃないかな、って考えたんだ。あと僕にとって重要だったのは、軽さ――つまりユーモアがある事、かな。観客を笑わすことができれば、みんなを味方につけることができるような気がしたんだ。

IMG_1165_f

―― ええ、演技の端々から深い愛情は感じました。けれども決してシリアスではなかったですね。楽しかったのに心に残ると思いました。

ポール:わあ!本当!? ありがとう。すごくうれしいよ。どんなにすごいSFXやVFXを使ってすごいアクションを披露しても映画が成立するかどうかは、キャラクターに共感できるかどうかにかかっていると思うんだ。

―― あのですね、……主人公のスコットみたいにカッコよくなるにはどうしたらいいんでしょうか。

ポール:(笑)僕だってわからないよー! ……うーん、そうだね、彼は頭が良いんだよね。物事を極めるし、“悪い技術”にも長けているし。思うに、ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)とかビル・マーレイもそうなんだけど、スコット・ラングはどんなに危険な状況でも落ち着いてるんだよね。ひょいっとユーモアで乗り越えるような。……僕自身はそうもいかない。パニックになっちゃう(笑)

IMG_2306_f

―― そんな風に見えませんけどねえ。ポールさん自身とスコットの共通点ってありますか?

1 2 3次のページ
access_time create folderガジェ通 映画

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧