“北欧女子”漫画家オーサ・イェークストロムさんインタビュー 「ストーリーが面白ければ日本人は外国人のものも読んでくれる」 [オタ女]

access_time create folderエンタメ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログ『北欧女子が見つけた日本の不思議』がアメーバブログの総合ランキング1位になり、2015年3月には『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』(KADOKAWA)を刊行し、日本での漫画家デビューを果たしたスウェーデン人のオーサ・イェークストロムさん。2015年9月18日には早くもその第二弾が刊行されます。

※オタクになったエピソードも! 『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』早くも2巻が刊行
http://otajo.jp/49670 [リンク]

『オタ女』では、2011年に来日して日本語もお上手なオーサさんにインタビュー。一番好きなアニメという『少女革命ウテナ』をはじめとする日本のアニメや漫画についてや、スウェーデンと日本の違い、これから挑戦してみたいことまで、お話をお聞きすることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ーーオーサさんが日本で漫画家としてデビューして、早くも2巻が刊行されます。まずは、デビューする前と後で一番変わったことは何か教えて下さい。

オーサさん(以下O):一年前は、私が日本でデビューすると言っても誰も信じなかったと思いますね。だから、出版することになってみんなびっくりしましたね。「日本で本当に外国人も漫画家になれるんだ」って(笑)。日本人の読者はストーリーが面白ければ、作者が外国人のものでも、読んでくれてすごいな、と思いました。

ーー1巻が出版されたのが3月。2巻が9月と、かなり短いスパンでの刊行となりました。今のお気持ちは?

O:締切ギリギリで出来て良かったです(笑)。やっぱりタブレットでデジタルでやっているので、つい描き込んでしまいますし、そんなに絵が上手でないから、描くのに時間がかかってしまったり……。

ーーいや、十分キュートな絵柄だと思いますよ! そんなオーサさんはブログでも発信されていますが、やってみようというきっかけは何だったのでしょう?

O:実は今のブログの前に、別のブログがあって、それはもともと専門学校の課題でした。半年間毎日更新しなければいけなかったので、毎日四コマ漫画を描くことになったんです。

ーーそれが1巻に登場する「ジャップダ」という名前のブログ?

O:そうです。人種差別的なタイトルの(笑)。自分ではかっこいい名前だと思っていたんですけれど……。

ーー知らなかったのなら仕方ないですよね。

O:知りませんでした。すいません……。

ーーあと、個人的に1巻の中にコミティアに出店して出版社のブースに持ち込みをする話が描かれていたのが気になったのですが。コミックマーケット(コミケ)は知名度がありますが、コミティアに出た理由を聞かせて頂ければと。

O:私も最初に出たのはコミケでした。でも、コミケはすごく大きくて……。私はオリジナルの漫画に興味があったので、一次創作オンリーのマンガのマーケットがあると知って、そこに出店してみたいな、と思いました。

ーーそのおかげで、KADOKAWAさんからの出版につながったわけですね。

O:はい。はじめての持ち込みで、ラッキーでした(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ーー今回刊行される2巻では、13歳の頃に『美少女戦士セーラームーン』と出会って、日本のアニメや漫画が好きになる話をお描きになっているんですけれど、特に『少女革命ウテナ』が一番好きな理由も教えて下さい。

O:やっぱり『セーラームーン』と同じように、主人公が強いキャラクター。男っぽくてかっこいいな、と思って好きになりました。

ーー天上ウテナのかっこよさに惹かれた?

O:ウテナ本人ですね。あと、決闘広場への音楽が不思議な歌詞とかも。それから、やっぱり日本のアニメでは一番フェミニスト的というか……。最初は弱いキャラクターだったアンシーが、最終話ではウテナを探しに世界に出るというシーンがすごいと思いました。アニメーションも好きだし、キャラクターデザインも好きです。

ーーオーサさんの『ウテナ』愛がよく伝わりました。スウェーデンにいた頃、ほかのアニメや漫画で好んで見たものを挙げるとすれば何になりますか?

O:主に読んだのは少女漫画ですね。欧米ではそういう女性向けのコミックがあんまりなかったので、魅力的に見えてたくさん読みましたね。CLAMPの作品も全部好きになりました。『東京BABYLON』や『X』とか……。高橋留美子先生のほとんど全部の作品好きでしたし、(上田美和先生の)『ピーチガール』はすごいハマってましたね。

ーー来日前から日本のアニメや漫画をたくさん見ていらっしゃったわけですけれど、日本語はどうやって覚えたのですか?

O:スウェーデンの学校では、9、10歳ぐらいから英語の勉強をしますけれど、12歳から他の言語も勉強しなくてはいけないんです。だから本当は日本語の勉強をしたかったのですけれど、その頃はコースがなくて……フランス語を7年間勉強しました。でも全く話せません(笑)。

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧