ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

あの“壁ドン”を超える!? 東京ゲームショウ2015のボルテージブースはさらに胸キュンらしいぞ

voltage_tgs2015_01

2015年9月17日から9月20日まで幕張メッセで開催される『東京ゲームショウ2015』(17・18日はビジネスデイ、一般公開は19・20日)。スマホ向け恋愛ドラマアプリ“恋アプ”を数多く発表しているボルテージは、『花より男子~F4とファーストキス~』『偽りの君とスキャンダル』『鏡の中のプリンセス Love Palace』の3タイトルを出展。なんでも、ボルテージを1冊の絵本になぞらえ、ページごとに様々なコンテンツを提供する“飛び出す絵本型ブース”を採用し、昨年を超す胸キュン満載の空間を用意しているといいます。

voltage_tgs2015_02

昨年の『東京ゲームショウ2014』では、イケメンから“壁ドン”されるコーナーが話題をさらったボルテージブース。ガジェット通信でも、お笑いコンビのザ・たっちのかずやさんが“壁ドン”される様子を取り上げ、「カツアゲされてるみたい」というウィットに富んだコメントがウケていることをお伝えしました。

※参考 東京ゲームショウ2014 「ザ・たっち」かずやさんが”壁ドン”される画像がカツアゲみたい!?
https://getnews.jp/archives/670473

voltage_tgs2015_03

今回の『東京ゲームショウ2015』では、絵本型ブースでページごとに胸キュンコンテンツを用意されているほか、『花より男子』に登場するイケメングループ“F4”とARカメラで記念撮影ができるそうです。ステージでは、声優の梶裕貴さん(声のみ、19日)と下野紘さん(20日)が胸キュンセリフをささやく『ときめき恋愛トークショウ”を行い、お笑いコンビのザブングル(19日)、髭男爵(20日)がゲストMCとして登場。また、『花より男子 The Musical』の“F4”キャストが公の場に初登場するなど盛りだくさんの内容なので、ファンは要チェック。

voltage_tgs2015_04

さらに広報部によると、「昨年好評をいただいた“壁ドン”はもちろん、異世界の王子様や大人気アイドルをイメージしたイケメンモデルからの“あごクイ”“頭ポンポン”“手チュー”など、パワーアップしたコンテンツをご用意しておりますので、胸キュンしたい方は是非遊びに来てください」と昨年を上回る胸キュン体験を目指していることをアピール。たしかに、どれも女子ならば多少は憧れたことのあるシチュエーションかもしれません。

それにしても、“手チュー”とはサービスしすぎでは……と思いきや、どちらも「モデルが自分の手にキスします。来場者にはキスしません」とのこと。これにホッとするのか、残念に思うのかは人それぞれでしょうが、ブースには試遊コーナーもあり、“恋アプ”の楽しさを存分に楽しめるのは間違いなさそう。この週末に幕張メッセに遊びに行くという女子ゲーマーは立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ボルテージ 東京ゲームショウ2015特設サイト
http://koi-game.voltage.co.jp/tgs2015/

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき