ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【ノーノーノー】黒人青年が白人恋人の家で見たものは―― 映画『ゲット・アウト』嫌な予感がほとばしる予告編
  • むしろ2作目から観るのがオススメ!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』予習ポイントまとめ
  • 最旬“青春グラフィティ・ムービー”『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』
  • アンニュイな表情にキュン! 『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン様がカッコよすぎる
  • 【インタビュー】映画『スパイダーマン:ホームカミング』のジョン・ワッツ監督、超大作に抜擢された経緯やマイケル・キートン演じる悪役ヴァルチャーについて語る
  • 映画『ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』続編、アードマンとスタジオカナルが製作中
  • ネタバレを見ずに行って欲しい! 映画『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』これが父となったナルトの姿![映画レビュー]
  • 【デスノート】技術の無駄遣い! 死神リュークがPPAPを踊る謎動画
  • 哀川翔&小沢仁志がスタローンに殴り込み!? 『25 NIJYU-GO』と『エクスペンダブルズ3』が日米抗争!
  • ダニエル・クレイグ、ジェームズ・ボンド役への復帰を明言
  • 話題沸騰『この世界の片隅に』片渕須直監督インタビュー「日常をとにかくこだわって描く」
  • 爆ヒット中の映画『カメラを止めるな!』上田慎一郎監督インタビュー「映画が観た人の現実を前向きに動かしている。これほど嬉しいことはありません」
  • 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の映像が初公開
  • ヘレン・ミレン、映画『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾に出演へ
  • スキンヘッドのシャーリーズ・セロンが動く姿も! 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の特報解禁
  • これが園子温版『リアル鬼ごっこ』だ! JKたちが血まみれで絶叫する予告編が公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

震災の影響で電波時計が合わなくなった! 時刻合わせに便利なソフト登場

電波時計用JJYシミュレータ

電波時計とは、標準電波を受信し誤差を修正する時計のこと。この時計を使えば時計は狂うことなく動き続ける……はずだったのだが、震災の影響で福島局からの電波が受信しにくい状況となってしまっている。

そんな影響で電波時計の時間が合わなくなって困っている人も多いだろう。そんな悩みに悩まされている人のために素晴らしいソフトがリリースされた。『電波時計用JJYシミュレータ』というソフトで、Windows用フリーソフト(寄付歓迎)だ。

このソフトは電波時計のように時刻合わせをパソコン(PC)にて行うもの。ではどのように行うのだろうか。実際はそんな簡単ではなくイヤホン端子に接続できるアンテナを自作しなくてはいけない。そのアンテナをイヤホン端子(出力端子)に差し込み『電波時計用JJYシミュレータ』を起動すると電波が送信されるので、アンテナを電波時計にあてがって電波を合わせるというのだ。

ではアンテナを自作するのが面倒、そんなスキルがないという人はどうしたら良いのだろうか? 実はヘッドホンやイヤホンでも時刻修正ができるのだ。イヤホンやヘッドホンを端子に差し込み同じく『電波時計用JJYシミュレータ』を起動。そしてボリュームを最大にしたあとヘッドホン(イヤホン)を電波時計の近くに置き10分程放置しておけば時刻が修正される。

しかし確実なのはヘッドホンよりもアンテナを作り時計に巻き付ける方が良いとか。時刻が合わずに困っている人はこのソフトで試してみては如何だろうか?

電波時計用JJYシミュレータ

■関連記事
電波時計が調子悪くないですか?「福島原発事故の影響がこんなところにも」
ニンテンドー3DSを牽引するキラータイトル出現か? アマゾンで早速1位に!
仏EHCI研究所がiPad2上で動作する立体視を発表! しかし過去の技術だった
どんな男もイケメンになれるiPhoneアプリ『男の髪コレ』で激的ビフォーアフター!
iPhoneの『髪コレ』アプリで誰でも可愛い髪型に変身! パッツン髪型に神変身!

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。