ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『復興書店』作家と本好きにできる支援のカタチ 島田雅彦氏が呼びかけ

『復興書店』ウェブサイトより

「本を買えば募金したのと同じことになる」――作家たちにサインやメッセージを書き込んだ自著を提供してもらいプレミア本として販売、売上から最小限の管理コストを差し引いた額を義援金として寄付をするという『復興書店』をご存じでしょうか。店長として呼びかけを行ったのは島田雅彦氏。数多くの作家・評論家、詩人などが賛同し、現在は柳美里氏や堀江敏幸氏のサイン本が並び始めています。

島田雅彦氏は、東日本大震災が多くの人々の心に深い傷を負わせたことに触れて、「この大災害に対して文学は無力ではあるものの、心の傷を癒すのにいくらかの効果はあると信じます」と同サイト内に書き綴っています。そして、「大長編を書きあげるよりも長い時間」がかかるだろう復興への支援は、継続的に行われる必要があるとともに「被災地は必ず甦り、被災者は笑顔を取り戻す」という確信がなければいけないと指摘します。

とはいえ、特殊技能や専門知識があるわけでもない人は「ただ祈ること以外には何もできない」。しかも、買い占めが問題になっても本だけは売れ残っている。無力感を感じていたとき、小さな子供がおやつを我慢してお小遣いを募金する姿を見て「私もその子どものようにすればいいのだ」と思ったそうです。

『復興書店』は、作家たちがサインやメッセージを書き込んで提供した自著を販売。読者は好きな本を買うことで「募金したことになる」というシンプルなしくみです。最小限の管理コストを差し引いた売上金は、日本赤十字社または信頼のおける復興支援団体に寄付。また、著作家、読者からの募金の窓口となるとともに、震災で蔵書を失った公共図書館や学校図書館のニーズに応じて、集まった本を寄贈することも検討しています。被災者を応援するメールマガジンの発信も予定しているとのこと。

「震災後は、とかく表現活動は沈滞してしまいます。しかし、私たちは震災のさなかでも考えることを止められません。コトバはうまく使えば、絆を育むことができます。コトバを発信し続けることで孤立する被災者に寄り添うことができれば、作家冥利に尽きます」と島田雅彦氏。好きな作家のプレミア本を手にすることで募金ができるなんて、本好き冥利につきる支援のカタチですね。『復興書店』は今年いっぱい活動を継続するそうです。
  
復興書店
http://fukkoshoten.com/
※画像、「」内の島田雅彦氏の言葉は『復興書店』ウェブサイトより引用。
 
 

■関連記事
作家・東浩紀氏、震災前の著書は「黒歴史みたいなもの」
震災と原発事故の理解にむけて各出版社が無料公開した書籍&雑誌まとめ
『ジャンプ』『マガジン』など 震災の影響で無料配信中のマンガ雑誌まとめ
【顔の見える支援】お酒を飲んで被災地の酒蔵を応援する『呑みボラ』 参加者募集!
1万5000人が集まった! 高円寺『4.10 原発やめろデモ』主催者にインタビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき