ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バランスを崩すと大パニック!! 『ゆらゆらチュッパチャプス』

NEWゆらゆらチュッパチャプス

メガハウスは、大人気のキャンディ『チュッパチャプス』をモチーフにしたバランスゲーム『NEW ゆらゆらチュッパチャプス』を4月下旬に発売します。ゆらゆら揺れるツリーに、バランスを取りながら『チュッパチャプスコマ』を次々と挿していくシンプルなゲーム。ホンモノの『チュッパチャプス』を飾ってディスプレーとして楽しむこともできます。

『NEWゆらゆらチュッパチャプス』は、揺れるツリーに『チュッパチャプスコマ』を次々に挿していくバランスゲーム。『ゆらゆらチュッパチャプス』の遊び方はそのままですが、パッケージが一新されてよりかわいくポップになりました。

NEWゆらゆらチュッパチャプス

遊び方は、均等に分けた『チュッパチャプスコマ』を、じゃんけんで勝った人から順番に時計回りでプレー。プレイヤーはサイコロを振って出た段にコマを1つ挿していきます。自分のプレー中に落としたコマは、全部手持ちにコマになってしまうので要注意。先に手持ちのコマをすべて挿した人が勝ちになります。

NEWゆらゆらチュッパチャプス

ゲームとして使わない時には、『チュッパチャプスコマ』やホンモノの『チュッパチャプス』をディスプレイして飾っておくこともできます。『チュッパチャプス』は、1958年にスペインバルセロナで生まれたキャンディ。日本では1年間に1億5000本、全世界では50億本が食べられています。ロゴのデザインを、スペインの芸術家 サルバドール・ダリがデザインしたことでも有名ですね。

サイズはW120×D120×H340mm(組み立て時)、価格は2625円(税込み)。食後のデザートがわりに家族全員で遊ぶゲームにいかがでしょう?
 

 

■関連記事
仮面ライダーオーズ『オーメダル』を超カッコ良くするテクニック
超人気アプリ『つみネコ』がリアルに積めるフィギュアになって登場!
ごはんを使ってもちもちパンを作れるクッキングトイ『米パン』
節電しながら家族で遊ぼう 電気いらずのアナログゲーム『ボウリングスタジアム』
計画停電になったらムネに顔をうずめて昼寝しよう! 『うたた夢寝まくら』製品レビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy