ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【顔の見える支援】小さな避難所へニーズに合わせた救援を展開『RQ市民災害センター』

RQ市民災害救援センター ウェブサイトより

大きな避難所には公的支援の手が届きやすいのですが、数軒で自主避難をしている小規模の避難所にはまだまだ支援が行き届いていない現状があります。『RQ市民災害センター(以下『RQ』=レスキュー)は、震災直後の3月13日に発足。アウトドアで鍛えた極寒の地でも活動可能な自主性・サバイバル能力の高い人たちが中心となり、きめ細やかな救援活動で活躍している任意団体です。

『RQ』は、全国の環境教育や野外活動、地域づくりの実践者や研究者が「地域を元気にしよう!」を合言葉に集ったネットワーク・NPO法人日本エコツーリズムセンターが中心となり、趣旨や活動に賛同した団体や市民有志で結成されました。3月18日から、行政や自衛隊などの救援活動が集中するエリア以外の地区を選定し、アウトドア義援隊(モンベル主管)をはじめ、さまざまな自然野外活動団体と連携して活動を行っています。

RQ市民災害救援センター・活動地図 GoogleMapより

現在は、宮城県登米市東和町の旧鱒淵小学校に現地本部を設営し、女川から大船渡まで約120キロの沿岸地域をカバー。被災者と対話しながら、日々変わるニーズに応じた支援物資の配布や避難所でのシャワーサービス、カフェなど多彩な活動を展開しています。これらの活動は、野外活動とコミュニケーションスキルの高い『RQ』メンバー約60名と、地元の市民ボランティア約30人が担っているそうです(3月30日現在)。

また、現地本部と連携しながら、『RQ』メンバーが岩手県遠野市を拠点に釜石市や大槌町、福島県いわき市周辺地域でも活動を開始。今後も救援活動を広げ、現地からの情報発信や現地への情報提供、寄付やボランティア募集を充実させ、子どもやお年寄りのケアを実施する準備も進めています。さらに、全国の『ホールアース自然学校』のネットワークを活かし、心のケアに配慮した被災者受け入れ体制を行政と協力しながら整え、中長期的な復興支援も視野に入れています。

『RQ』の活動報告や募集している支援物資の情報は、ウェブサイトでアップデートされており、きめ細やかに被災者のニーズに応える救援が行われている様子が伝わってきます。「誰がどんな支援を行っているのか」を知ったうえで、支援を行う人を応援することも被災地支援のひとつのあり方だと思います。『RQ』のみならず、顔の見える支援活動を行う民間団体は多数あります。「これは応援したい」という人たちを見つけて応援するというやり方で被災地へ思いを伝えてみるのも良いかもしれません。

RQ市民災害救援センター
http://www.rq-center.net/
TwitterID:@rqcenter(ハッシュタグ #rqcenter)
※画像は同ウェブサイトより引用
 

■関連記事
【顔の見える支援】三陸のおいしいかき再生を目指す“オーナー制度”がアツい
【ボランティアの基礎知識】『ボランティア活動保険』ってなに?
“顔の見える”被災地支援 八戸のレストランを“予約”して漁師さんと地元にエール!
どこに寄付をしたら どこにお金が行くのか
ボランティアが足りているというのは幻想です。今こそ立ち上がりましょう。

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき