ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子連れ出勤している人の時給を下げましょう、というお話(1歳からの子連れ出勤)

子連れ出勤している人の時給を下げましょう、というお話(1歳からの子連れ出勤)

今回はマチコさんのブログ『1歳からの子連れ出勤』からご寄稿いただきました。

子連れ出勤している人の時給を下げましょう、というお話(1歳からの子連れ出勤)

以前からこういう話はあったのですが、8月勤務分から時給を下げてもらうことになりました。

そもそも、この時給を下げて欲しいという話は、私を含め子連れママたちから出たものだったと記憶しています。

それは子連れ開始から2~3ヶ月経った頃、あまりにも仕事にならない日があったり、授乳やオムツ替えでまとまった時間をコンスタントにとっていた頃。

それから10ヶ月経ち、正式に時給を下げます、ということになりました。

先ず、私は大賛成でした。そもそも自分自身で考えていたことだし、お世話時間分が無給ということであれば、気兼ねなく、ゆっくりと慌てること無く娘と向き合えるし、同じ仕事をしている子連れではない人たちへの申し訳ないという気持ちも軽くなる。

やはり、私が子供の面倒を見るとき仕事を進めてくれるのは、そういう人たちで、ずっとずっと気になっていたから。

こういう環境って子連れ出勤にはほんっっっとうに大切です。

一方、会社の方たちからは

「もう1年たっているし、特に問題ないなら今さら変えなくても」

というような意見があったようで、最終的にはそれぞれのママ達の気持ちに任せよう、となり今回のお話に。

なので、私は今回

「このままの時給ではたらきますか?それとも時給を下げますか?」

という10年のサラリーマン生活では考えられないような(笑 質問に回答することになりました。

この会社のほんとうにすごいなぁと思うところは、

・ こういう取り組みに対して改善や注力をするというモチベーションがずっと一定してある(スタート時だけやたら熱量が高く徐々に下がることがない)ということ

・ 制度ありきではなく、常に実態に則した制度を、臨機応変に柔軟に考えてくれるとこと

だと思います。

かつて(今とは別の会社)ワークライフバランスが流行った頃は 、なんつーか本当に大変だったなぁ…

前にも少々書きましたが、時給を下げてもらうことは子連れ出勤している私にはとても有り難いことでした。

ただ、これもママ各々の判断で、同じ子連れでも時給そのままという人もいるかもしれません。

でも、私はそれでこそいいな、と思います。だって子供が居ても特に時間を取られない人だっていると思うから。

私と娘の場合は、ほとんど手がかからずに仕事を終える日もあれば、ぐずりが長引いて、少し外に出してあげたい時もある。

そんなときに気兼ねなく外を散歩したり、おやつを買ったりしてあげたい。

なんというか時給を下げてもらったお陰で、子連れ出勤はますます自宅育児と変わらなくなってきたな、という印象。

この世にこんな素敵な会社あるんですね、この規模だからこそなのかもしれませんが、ちょっと感動しちゃったりして。

子連れ出勤している人の時給を下げましょう、というお話(1歳からの子連れ出勤)

執筆: この記事はマチコさんのブログ『1歳からの子連れ出勤』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2015年08月04日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy