水面を体感できる写真展?! からみあう色彩が心地よい“奇跡に近い空模様”は必見

access_time create folder生活・趣味
DSC00903

いよいよ夏本番のこの季節。プールやキャンプなど外に遊びに行くのもいいけど、たまにはしっとりアートや作品に触れ、自分の感性を磨いてみてはいかがでしょう。

IMG_5537

今回伺ったのは、横浜高島屋ギャラリーで7月29日(水)から8月10日(月)まで開催中の『遠藤湖舟 写真展 「天空の美、地上の美。」』。自然や宇宙を“体感”できるという写真展、その内容をご紹介いたします。

ギャラリートークに参加してみた!

展示初日の7月29日は11時と14時に、直接遠藤氏の作品解説を聞くことのできるトークイベントも開催されました。遠藤氏は、中学時代に天文写真と出会い、一旦は一般企業に就職していたのですが、20代半ばで仕事を辞め、写真家の道を志したとのこと。昨年11月に還暦を迎え、その頃から現在のような大きな個展を開くようになったのだそうです。

今回の展示は、“月” “太陽” “空” “星” “ゆらぎ” “かたわら”の6つのテーマ(楽章)で構成。会場内に流れているバッハの「無伴奏チェロ組曲」をききながらゆったりと作品を楽しむことができます。

スクリーンショット 2015-07-29 21.26.59

会場に入ると、最初の“月”のテーマの、暗闇に様々な表情をみせる月の写真がずらり。どれもこれも美しく幻想的な作品が並びます。

スクリーンショット 2015-07-29 21.22.35 スクリーンショット 2015-07-29 21.22.38

ちなみに”ギャラリートーク”といえば、無骨で堅物な作家の方が淡々と作品について語る、とイメージしていました。しかし遠藤氏は、お客さんにより作品に親しんでいただけるよう、ユーモアに富んだ口調で作品を語ります。そして作品を前に、「月をみたことない人ー?」とジョークを入れたり、「大阪(前会場)ではみんな飴、持ってたんだよねえ。」と前列の人に飴を配ったりする気さくさを覗かせます。作品は渋くてカッコいいのに、性格はおちゃめ。しかもよくみると他の人と頭ひとつ抜けるくらいの高身長。こんなにイケメン要素たっぷりの方だったなんて、驚きです!

DSC00920

さて作品に戻りますが、月の陰になっている部分と光が照らされて、いわゆる”三日月”の形になっている部分のコントラストが美しい『地球照』。

「月の影の部分は、じつは我々にも”見えている”部分なのだが、肉眼では確認できない部分。また、太陽から地球に光が差し、その光で地球も実は月を照らしている。この作品で、肉眼では確認できない、太陽、地球、月の位置の関わりを感じることができる。」と遠藤氏はいいます。

DSC00918 スクリーンショット 2015-07-29 21.29.57

また『燈彩月(下)』、『皆既光跡(上)』はなんと、車のテールランプやジェットエンジンの光越しに月を撮影した作品。人工的な光と月が重なり、何ともいえない空気を漂わせます。

DSC00912

“空”のテーマの『天空の色彩』は、鮮やかな色彩をほぼ無修正でアクリル板に写した作品。実際にそんな空模様に出逢えるなんて奇跡に近いものだと思いますが、「普段あまり見ない空を、機会があれば見上げてみてはいかがでしょう」と遠藤氏は提案します。身近なものでも、何度か見てみたり、よーく覗いてみたりすると、思わぬ景色に遭遇することは稀ではないようです。展示作品の中には、ご自宅玄関からの風景をとらえたものもあるのだとか! 遠藤氏の思わぬ風景の遭遇に、聞いている観客の間からもため息がこぼれます。

スクリーンショット 2015-07-29 21.22.33
1 2 3次のページ
access_time create folder生活・趣味

mochimi

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧