ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

オリンピック選手も絶賛!本場の「アフリカ料理」を食す!@『SAFARI AFRICAN』赤坂

safa-6_R

今回は赤坂にあるアフリカ料理専門店の『SAFARI AFRICAN』を紹介してみましょう。

さしてアフリカを知らない筆者ですが、果たして『SAFARI AFRICAN』の出すアフリカ料理とは、どんな料理なのでしょうか? 筆者も興味津々です。今回も『LINEグルメ予約』でサクっと予約し、万全を期して赤坂のSAFARI AFRICANに訪れました。都内まで行って入店出来ないと悲しいので、最近はもっぱら『LINEグルメ予約』に頼りっぱなしの筆者です。

夜定食やハッピーアワーがお得な『SAFARI AFRICAN』

safa-3_R

『SAFARI AFRICAN』にはランチの他にも夜定食なるセットメニューがあり、コチラは非常にお得なメニューとなっております。メインの他にも何点か料理が付くので、色々と食べてみたい人には、おすすめのメニューになっております。しかも『夜定食』を頼むと、最初のドリンク(お酒)が、なんと“350円”で飲めるので、会社の帰りに晩飯がてら一杯やるには、最高のセットメニューと言えるでしょう。

safa-4_R

他にも“ハッピーアワー”があり、17時~19時30分まではリストにあるアルコール類が“500円”で飲めるのです。なので夜定食を軸に組み立てれば、3000円もあればチョイ飲みが可能です!これは“赤坂”と言うロケーションを考えた場合、非常にリーズナブルであると言えるでしょう。

『アニマル定食』と『チキンケーケ定食』

safa-5_R

基本的でも応用的でも“アフリカ料理”に関しては一切の知識を持たない筆者ですが、やはりアフリカと言えば

「アニマル的な何か」

がキーワードかと存じます。なので、そのまま夜定食の『アニマル定食』(1800円)をオーダーしてみました。

safa-10_R

アニマル定食の中身は、ダチョウのたたき、ワニの唐揚げ、カンガルーの唐揚げ、そして西アフリカ料理の『ジョロフ』(野菜ソースのリゾット風)になります。これをオーダーすれば、“ホロホロ鳥”以外は制覇出来るので、筆者的にイチオシの夜定食メニューです。

safa-9_R

他に気になった『チキンケーケ定食』(1200円)も食べてみました。こちらはの夜定食は、ビーンズサラダ、ビーンズサンブーサ、チキンケーケ(チキンのゴマソース風味)ライスとなっております。『チキンケーケ』を食べた瞬間、“棒棒鶏(バンバンジー)”が少し思い浮かびました。これは日本人にも馴染みやすい味付けです。アフリカ料理の味付けを、違和感なく受け入れる事が出来たのは意外でした。もっと凄いのが来ると思っていたのですが“胡麻”や“香辛料”を上手く使って、辛さと甘さをコントロールしている感じです。

safa-8_R

コチラの『ビーンズサラダ』は、油をほとんど使っておらず、酸味で食べるサラダなのでカロリーも低いです。肉も油も無いので物足りないかと思ったのですが、レンズ豆のコクが肉の役割を果たしているので、物足りなさは皆無です。これはちょっと、家でも真似して作ってみたいサラダですね。

『ダチョウのたたき』

safa-12_R

そしてアフリカ的な鳥と言えば、“ダチョウ”かと存じます。むしろ筆者は他に、“フラミンゴ”くらいしか知りません。そんな“ダチョウ”ですが、最近はちょいちょい日本の居酒屋さんでも、メニューに載っていたりするので、食べた事があるかないかと言えば、食べた事がある筆者です。しかし! このSAFARI AFRICANのメニュー『ダチョウのたたき』は特別です。どこら辺が特別なのかと言うと

「甘辛いセサミソースがかかっている」

という所です。このSAFARI AFRICANオリジナルのアフリカ的なソースが『ダチョウのたたき』に合うんですよ。胡麻の甘さとコクが、淡泊な味のダチョウ肉の旨さを引き立てています。今までは、“醤油&わさび”でしか食べた事が無かった筆者ですが、このソースで食べた方が美味しいと思いました。

『カンガルーの唐揚げ』&『ワニの唐揚げ』

safa-21_R

写真は『カンガルーの唐揚げ』で、いわゆるフライ料理です。日本の場合は“フライ料理”と言うと、素材(具)の美味しさを味わう方向ですが、アフリカのフライは

「衣の美味しさも味わう」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき