ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京パフォーマンスドール『電波教師』エンディング曲がUSGを破りアニメチャート初登場首位

東京パフォーマンスドール『電波教師』エンディング曲がUSGを破りアニメチャート初登場首位

 今週のアニメチャートは、東京パフォーマンスドールによる『電波教師』ED曲「DREAMIN’」が、3週連続の首位更新中となっていたUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」を僅差で破り、見事1位に輝いた。グループが結成当初から歌い続けてきたという「DREAMIN’」は、CDセールスのポイントで他を圧倒、かつ、ラジオプレイも20曲中1位と絶好調で、デジタルポイントで先行する「シュガーソングとビターステップ」を逆転した。とは言え、「シュガーソングとビターステップ」はラジオ(2位)、CDセールス(5位)、ルックアップ(1位)と各指標とも引き続き好調。「DREAMIN’」のCDセールスが落ち着く次週以降、更なる激戦となりそうだ。

 そのほか、今週のチャート上位には、UVERworld「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」(3位)、BUMP OF CHICKEN「Hello,world!」(5位)など発売2週目以降の人気曲が目立つ。そんな中、発売初週ではSiMの『神撃のバハムート GENESIS』OP曲「EXiSTENCE」が4位、OLDCODEX『黒子のバスケ』ED曲「Lantana」が6位とそれぞれ健闘した。現状では、USG、UVERworld、BUMP OF CHICKENがこの初夏の“3強”としてアニメチャートに君臨しているが、その壁を超えられるかが次週以降の発売作品にとってもキーポイントになりそうだ。

 また、今週、秦基博「ひまわりの約束」を除いて、唯一の映画系でのチャートインとなったのが『台風のノルダ』主題歌のGalileo Galilei「嵐のあとで」。他指標に比べてラジオプレイのポイントが高く、リスナーの接触時間が高かったことが伺える。映画のヒットによって他のポイントが伸びれば次週以降も上位進出を果たす可能性のある注目曲だ。同映画を含め、夏休みに向けたアニメ映画商戦の行方も、そのタイアップ曲のチャート動向とともに、今後ますます注目が集まりそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

6月22日付 Billboard JAPAN HOT Animation
ウィズ・カリファとマルーン5が洋楽チャート1&2位をキープ、2組がタッグを組んだ2012年のヒット曲もランクイン
新チャート“Hot Albums” 第3回は安室奈美恵『_genic』がダントツのNo.1、ミスチルも好調を維持

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。