体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バンダイ“大人の超合金”第3弾は『はやぶさ』 帰還から1周年の6月24日発売へ

バンダイ“大人の超合金”第3弾は『はやぶさ』 帰還1周年の6月24日発売へ

バンダイは、大人向けのこだわりホビーアイテム『大人の超合金』シリーズ第3弾『小惑星探査機はやぶさ』を発売することを発表。東京・商工会議所で製品発表会を開催しました。発売日は、『はやぶさ』が7年の旅を終えて地球に帰還した日から1周年を迎える6月24日となっています。

すべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

1/24スケールの完成品モデル

『大人の超合金』シリーズは、実在する造形物をリアルに再現する完成済みモデルで、2010年3月には『アポロ11号&サターンV型ロケット』、2010年12月には『スペースシャトル エンデバー号』を商品化しています。第3弾の企画は別にあったそうなのですが、昨年の『はやぶさ』帰還がネットを中心に大きく話題になったことから、昨年6月に急きょ『はやぶさ』の商品化を決定。開発がスタートしたとのこと。

耐熱フィルムのしわまで再現

JAXAの協力により、1分の1の模型やCGデータの提供を受けて設計された24分の1スケールの造形は、大人向けにふさわしいリアルなもの。本体を包む耐熱フィルムのしわまで精巧に再現されています。特に耐熱フィルムの色は、JAXAから実際に使われたフィルムのサンプルを元に忠実に再現しているとのこと。

ロケットから放出された状態 左右のパドルを展開 1枚のパドルに アームを広げる 完成

打ち上げから帰還までの『はやぶさ』のストーリーを再現できることも大きな特徴。まず、ロケットから宇宙に放出され、太陽電池パドルを展開する動きを再現できます。たたんだ状態から左右のパドルを広げて1枚のパドルに展開し、アームを広げて完成。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy