少年時代の夢がよみがえる!“大人の超合金”第1弾は『アポロ11号&サターンV型ロケット』

access_time create folderガジェ通 生活・趣味
appolo_saturn1

バンダイは、大人向けのこだわりホビーアイテムとして新製品『大人の超合金』を展開、第1弾の『アポロ11号&サターンV型ロケット』を2010年3月に発売することを発表しました。価格も5万2290円(税込み)と大人向けの、本格派完成品モデルです。

『アポロ11号』は、1969年に人類が始めて月に到達したアメリカの宇宙飛行プロジェクトの名称。アームストロング船長をはじめとする3人の宇宙飛行士が『サターンV型ロケット』に司令船『コロンビア』と月着陸船『イーグル』を搭載して宇宙に飛び立ち、月面着陸を成功後、地球に帰還を果たしました。

appolo_saturn2

『アポロ11号&サターンV型ロケット』は、『アポロ11号』で活躍したロケットと宇宙船を全長760mmの1/144スケールで忠実に再現。商品開発には、アポロファンが集うウェブサイト『アポロマニアックス』(http://apollomaniacs.web.infoseek.co.jp/apollo/)が全面協力して細部まで精密な再現を試みました。さらに、3段ロケットの切り離し、『イーグル』による月着陸など、発射から帰還までの行程を再現して楽しめます。

ロケットを縦置きする台座、ロケットを分割して飾れる横置き用スタンド、月着陸船と宇宙飛行士フィギュア、アメリカ国旗を飾れる月面プレートが付属。さまざまなディスプレーを楽しむことができます。

ターゲットは、『アポロ11号』が月面に着陸した当時に小中学生だった40代後半から60代の男性とのこと。もちろん若くてもメカ好き、テクノロジー好き、宇宙好きの男子は見逃せません。手に取って、飾って、宇宙に思いをはせたあの日を思い出してみましょう。

■関連記事
地上走行でリアリティを追求!『地上航行模型 戦艦大和』
【全日本模型ホビーショー】ゲーセンの興奮がよみがえる!セガの体感ゲームがフィギュアになって登場
『スタートレック』のゾーイ・サルダナ来日! 日本語上手!?

access_time create folderガジェ通 生活・趣味

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧