体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidタブレット『DELL Streak』のイベント開催 動画サイトで話題のWORLD ORDERと“赤い”須藤元気が登場

Androidタブレット『DELL Streak』のイベント開催 動画サイトで話題のWORLD ORDERと“赤い”須藤元気が登場

デルはソフトバンクモバイルから昨年12月21日に発売したAndroidタブレット『DELL Streak SoftBank 001DL』のプロモーションキャンペーン『Streak Man Project』を2月16日から開始。同キャンペーンのキックオフライブを東京ミッドタウンで開催しました。製品のメインカラーである赤を身にまとった男たち『Streak Man』がビジネスマンを応援し、日本を元気にするというキャンペーン内容に合わせて、この日は元格闘家の須藤元気氏率いるWORLD ORDERが赤く顔を塗って出演。『YouTube』で話題となっている『WORLD ORDER』のライブパフォーマンスを披露しました。

※すべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください

『DELL Streak SoftBank 001DL』は、5インチのタッチパネル液晶、OSにAndroid 2.2を搭載するタブレット端末。同製品を使って時間の余裕と情熱を取り戻し、秘められた能力が覚醒したビジネスマンという設定の“Streak Man”が都内に出没し、同製品のリーフレットを配布します。また、渋谷、原宿、表参道の10か所のカフェやレストランでは、2月28日までタッチ&トライイベントを開催中。『facebook』のDELLファンページ( http://www.facebook.com/DellJapan )でキャンペーンの最新情報を公開しています。

WORLD ORDERのライブパフォーマンスでイベントは幕開け

須藤氏が率いるスーツ姿の7人組ダンスパフォーマンスユニット、WORLD ORDERはこの日、顔を赤く塗った“Streak Man”バージョンで登場。片手に『DELL Streak』を持ちながら、『WORLD ORDER』に合わせて彼ら独特のスローモーションのようなロボットダンスをライブで実演しました。

Streak Manも参加 須藤元気氏

楽曲の途中からは“Streak Man”もステージに上がり、大人数での群舞を披露。イベントを見学する一般客から大きな拍手を浴びていました。

ライブパフォーマンスが終了し、感想を聞かれた須藤氏は「緊張しました。赤くメイクをしたが赤面を隠せなかった」とコメントしながら、ロボットの動きは保ったまま。さすが選手時代、総合格闘技イベント『HERO’S』や『Dynamite!』で入場にダンスパフォーマンスを披露し、試合でも特異な動きで“変幻自在のトリックスター”という異名を誇っただけのことはあります。

一般公募のダンサーも登場

さらに『DELL Streak』の紹介をしているとふたたび音楽が始まり、今度はステージ下に今回のイベントに一般から公募したダンサーを従え、さらに大規模なパフォーマンスを披露。会場の見学者を驚かせていました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。