ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

QRコードでアクセスするだけ 北京の地下鉄内が図書館に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北京の地下鉄で、ユニークな試みが実施されているという。「M Subway Library」というプロジェクトで、Beijing Metro Transportation Railway (MTR)と、National Libraryがタッグを組んで誕生した。

・地下鉄車内で電子書籍が借りられる

北京のLine 4の地下鉄車内で、電子書籍が借りられる。このアイデアは、以前テッカブルでも紹介したニューヨークの「Underground Library」というプロジェクトを参考にして生まれたとのこと。

・QRコードをスマホで読み取るだけ

ユーザーは車内のパネルに設置されているQRコードを、スマートフォンなどでスキャンして読み取るだけで利用できる。

・年に12本の無料タイトルを配信

年に12本の無料タイトルをリリースする予定で、地下鉄内で“電子本貸し出し”サービスを提供するとともに、本のテーマにまつわるキャンペーンも同時に開催する。

・本にまつわる“テーマ展示”も開催

1月12日にスタートした第1弾のキャンペーンのテーマは“私たちの文字”。中国の30以上の民族的な文字にフォーカスし、歴史、文化などの観点から考察する。

このテーマ展示は、Webサイトや図書館の展示会などで公開されるという。ちなみに、テーマ展示は2、3ヶ月に1度変更される予定だ。

・乗客は自然と年に12冊の読書をすることに

1日に1千万人の乗客が利用する北京地下鉄。このプロジェクトを随時フォローしているだけで、ユーザーは自然と年間12冊の本を読むことになる。

・公共のスペースを活用

National Libraryの担当者は、この「M Subway Library」を通じて、公共のスペースを上手に活用し、人々の日常生活の中で無理なく、知識を得たり、読書体験する機会を提供できれば、としている。

M Subway Library

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP