体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3月10日発売 フルキーボードとAndroid 2.2を搭載するNECの“スマートブック”『LifeTouch NOTE』駆け足レビュー

3月10日発売 フルキーボードとAndroid 2.2を搭載するNECの“スマートブック”『LifeTouch NOTE』駆け足レビュー

NECは、7型タッチパネル液晶とフルキーボードを組み合わせたAndroid端末『LifeTouch NOTE』を3月10日に発売します。Androidスマートフォンの使い勝手とノートパソコン(PC)の入力のしやすさを両立し、両者の中間となる“スマートブック”と呼ばれるカテゴリーの製品です。キーボードを搭載するAndroid端末の中で比較しても、10インチディスプレーを搭載するネットブック寄りな東芝の『dynabook AZ』と、5インチディスプレーを搭載するスマートフォンのau『IS01』やドコモ『LYNX SH-10B』の、ちょうど中間に相当するユニークな製品。そこには、NECならではの“キーボードへのこだわり”が秘められているようです。2月15日に開催された製品発表で実機を触ってきたので、限られた時間での“駆け足レビュー”をお届けします。

※すべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

・外に持ち出し長時間の利用を想定

片手でも持てる重さとサイズ

本体はカバンに入れてもジャマにならないサイズで、約699gと軽量。片手で長時間持っても疲れにくそうです。常時起動して持ち歩き、使いたいときにすぐ利用できるAndroidの利点を生かし、外出先でメールを作成したりブログを書くことが多いユーザーをメインターゲットにしています。外装には200万画素のカメラを搭載していますが、こちらはメモ代わりに写真を撮影する用途に向けて用意されているもの。インカメラは非搭載となっています。

バッテリー容量は2900mAh。ウェブサイトの閲覧では最長9時間、動画再生では最長8時間と長時間のバッテリー駆動が可能になっています。予備のバッテリーも別売りで販売する予定なので、ネットブックと比べても携帯性と長時間使用の面で魅力的と言えるでしょう。

・こだわりのキーボード

こだわりのキーボード

キーボードはQWERTY配列の81キーで、16.8mmピッチ、キーストロークが1.6mm。Android特有の操作キーとなる「MENU」「検索」「ホーム」「戻る」は、右上に固めて配置されています。「MENU」キーは「A」の左にも配置。カット、コピー、ペーストのショートカット操作がこの「MENU」キーと「X」「C」「V」の組み合わせで可能になり、PC同様に左手だけで操作できます。この「MENU」キーと「Fn」「Ctrl」キーは、配置を入れ替えることも可能。矢印キーによるポインタの操作だけでなく、手前中央のポインティングデバイスによりカーソルを操作することもできます。

独自にカスタマイズした『ATOK』を搭載

日本語入力システムに『ATOK』を採用。長文の一括変換やユーザー辞書が利用できるだけでなく、キーボードの「F1」から「F10」までのファンクションキーで漢字、ひらがな、カタカナ、半角カナ、全角英字、半角英字の入力切り替えができます。PCでの『ATOK』入力に慣れたユーザーには使いやすい入力環境と言えそうです。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会